最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

「珪藻土バスマット」のデメリットとは?おすすめ?

「珪藻土バスマット」とは?

お風呂上りに足元の水を吸収してくれるのがバスマットですが、いま注目されているのが珪藻土バスマットです。

一般的には、タオル生地のバスマットが主流ですが、珪藻土バスマットにすれば一瞬で水分を吸収してくれるので、洗って乾かす手間がゼロになります。

と、言うわけで実際に購入してみましたのでレビューしてみます。

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。

珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿する。死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残る。このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が珪藻土である。多くの場合白亜紀以降の地層から産出される。

出典:wikipedia
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%AA%E8%97%BB%E5%9C%9F)

「珪藻土バスマット」のデメリット 【寒い・冷たい】

水分を一瞬で吸収し、足元をカラッとさせてくれる珪藻土バスマットですが、素材は冷たい石に近いです。

タオル生地のバスマットは、踏んだ時に柔らかさを感じますが、珪藻土バスマットは固い石です。つまりお風呂上りの温まった足を置くと、水分を一瞬にして吸収してくれますが、せっかくの熱が奪われてしまいます。

タオル生地のバスマットは、水分でべちゃべちゃになったり、ゆがんで崩れてしまうので、一枚の珪藻土バスマットにすると解放される喜びはありますが、本体が冷たいのが難点と言えるでしょう。

特に、冷え症の女性の方、身体を冷やしたくない方、風邪をひきたくない方で購入検討中の場合、真冬は敬遠したほうがいいかもしれません。

「珪藻土バスマット」のデメリット 【欠ける、割れる】

通常のバスマットはタオル生地ですが、珪藻土バスマットは石の板です。

たてかけておいた時に、ばたっと倒れて当たり所が悪ければ、割れてしまう可能性があります。あくまで、硬い石の板のようなものですから、破損のリスクはつきものです。

また、石の板で持ち手のような箇所がありませんので、もちにくく掃除中に手が滑って落としてしまう事だってあるようです。

そういった破損のリスク回避の点からいくと、不安な方は取扱いには注意が必要かもしれません。

「珪藻土バスマット」のデメリット 【洗えないから不衛生な感じがする】

私はとても気にっているのですが、キレイ好きな家族は嫌いなようです。

「カビ」や「汚れ」がよりつかない素材だといくら説明しても納得してくれません。

家族「洗えなんて嫌だよー、いろんな水を吸ってため込でいるんでしょー・・。」

そういわれると、返す言葉がありません。

いくらぐちゃぐちゃになろうが、濡れまくろうが、しっかり洗濯できる、普通のバスマットがいいそうです。

そもそも、その手間を省くための商品なんだけれども、と伝えた所で精神的な嫌悪感は拭い去れませんでした。新しい商品なので、認知度がたかまってくれれば印象も違ってくるかもしれません。

洗濯の手間がなくて便利だと思うんだけどな。

バスマッド自体が丸洗いできないのは不衛生かなぁ。

メリット・デメリットそれぞれ判断して購入を検討しましょう。