「Clova WAVE」クローバウェーブを感想・使用感・反応率、音質などを比較レビュー!




まとめ

LINEが発売しているスマートスピーカーのClova WAVE(クローバウェーブ)を購入してみました。

スマートスピーカーといえば、「インターネットに繋がっているスピーカー」です。ディスプレこそついていませんが、声で要求すると、分かる範囲で答えてくれます。簡易的な置き型スマホといってもいいかもしれません。

(最近では、ディスプレイつきのスマートスピーカーも発売されています。)

声でお願いするだけで、今日の天気やニュースを教えてくれたり、タイマーをセットしたり、ラジオを聞いたりすることができます。

お願いする方法は、Cloava(クローバ)の場合は「ねぇ、クローバ」というと、インターネット起動の合図です。起動するとスピーカーが光りますので、ボディが光ったらそのまま声でお願いしましょう。

 




Clova WAVEの特徴とは。

Clova waveの特徴ですが、簡単に書き出してみます。家にGoogle Homeも置いていますので比較なども入っています。

・声だけでLINEが送れる。
・声だけでLINE MUSICが聞ける。
・色々な音声ソフト(スキル)が無料。
・高音質だが低音控えめ(パワフルさがないぶん騒音対策にはGood!)
・Google Homeと比べると音声認識弱め。
・Google Homeと比べると少し反応遅め。

LINEのスピーカーなのでLINEアプリとの相性抜群なのは特筆すべき点です。私の場合は、LINEはたまにしか使いませんが、日常的に使っている人にとっては便利な機能かもしれません。

Clova WAVEの初期セッティングはカンタンです。

Clova WAVEの初期セッティング
  • 1、電源を入れる
  • 2、スマホでアプリをインストールする
  • 3、アプリ画面からClova WaveのWi-Fiを設定する
  • 4、Clova Waveのアップデートする

スマートスピーカーというと、なんだか面倒くさそうだと思う人も多いと思います(実際、私もそうでした)。

しかし、実際はかんたんに設定ができました。

まずは、スピーカーを箱から出して電源コンセントを差し込みます。次に、スマートフォンに「LINE Clova」のアプリをインストールするように求められるので、アプリをいれましょう。

設定で迷う箇所はありませんでした。

Clova Waveも、スマホのアプリ経由でWi-Fiに接続する必要があるので、スマートフォンの設定アプリからWi-Fiのコードなどを入力してあげましょう。

MEMO

Clova WAVEは、初回接続後のアップデートは必須です。電源に接続して、Wi-Fiにつないでおけば勝手にアップデート完了してくれます。アップデート完了前は、上手に使えませんので少し待ちましょう。

Clova WAVEの反応率、GoogleHome Miniとの比較は。

スマートスピーカーをインターネットに接続する言葉はスピーカーによって異なります。

Google Homeの場合は「オッケー、Google!」、ClovaWAVEでは「ねぇクローバ!」と呼びかけると、スピーカーが光って、今日の天気やタイマーのセット、ニュースなどをお願いすることができるようになります。

なお、Clovaの場合は呼んだ時に反応しない場合、二回呼ぶ必要がある場合もたびたびあります。その点、いつも一発でインターネットに接続する準備が整うGoogleのスマートスピーカーは反応率の点では優秀だと思います。

ただ、クローバもしっかハッキリ言えばちゃんと反応してくれます。

Clova WAVEは音声ソフトが充実、特にスキルはおすすめ。

Clova WAVEには無料で利用できるスキルという音声がついています。

スキルの一例ですが
「ねぇクローバ、屋久島の森に繋いで」というと、屋久島の森で録音した音声を再生してくれます。
「ねぇクローバ、ワイキキビーチに繋いで」というとワイキキビーチの音を流してくれます。

また、「寝たまんまヨガを再生して」というと、専門的なヨガを行う事もできます。「昔話を再生して」というと、人間が話している昔話なども再生してくれますので退屈な時はいい遊び相手になってくれるでしょう。

詳細については、専用のCloavaのアプリにどんなスキルがあるのかも表示させられますので、チェックしてみましょう。

Clova WAVEは重低音がもっとも弱く、音質も澄んでいた。

あまりLINEも使わない私が”なぜClovaを選んだのか?”という点ですが、理由は”低音が響かない高音質”だったという点です。

過去に、コンポで音楽を聞いていたところ隣人から低音が響くから音を低くしてくれ!と注意されたことがあったので、それ以来とても低音に気を遣うようになりました( ;∀;)

その点、Clova WAVEは低音がだいぶ弱く設定されていて、かなり理想的なチューニングでした。高音の広がりはかなり理想的です。

Google Home・Alexa(Amazon)などは、低音も太く響くパワフルなチューニングになっていたので、騒音の点から却下でした。

注意
Clova Waveは、昼間にガンガン音楽を楽しみたい人は、重低音が強くないので物足りなく感じる可能性があります。用途に応じて選びましょう!

単純なスピーカーとしても利用できる。

インターネットに接続することで、様々な作業がこなせるスマートスピーカーですが、単純にスピーカーとしても利用できます。

最近であれば、どのスマホにもついているBluetoothを使って無線接続すると、スマホの音楽をClova Waveで再生することができます。

小さいスマホスピーカーと違って、音質もかなりいいので、高音質でスマホ音楽を楽しみたい人にとってもおすすめです。

まとめ

LINEアプリやLINEミュージックを愛用している人が、スマートスピーカーを購入する時には候補にいれたい一台です。

また、音質は低音のパワフルさがないので、太く響く音が好きな人には向かないかもしれません。

スマホスピーカーよりははるかに音質がいいので、Bluetooth接続で普通のスピーカーとしても活用できます。

我が家にGoogleHome(グーグルホーム)がやってきた 1
Google home miniを購入しました。 Googl...

Source:https://clova.line.me/wave/