【Mr.Children】重力と呼吸のアルバムの感想レビュー




まとめ




Mr.Children 重力と呼吸のアルバムの感想

Mr.Childrenの重力と呼吸を手にいれたので、感想レビューを書いていきます。

ずっとMr.Children好きで聞いてきましたが、最近はみんなが「好き好き」となり過ぎて、少し距離をおいていました(あまのじゃく)。

早速CDをパソコンにいれて再生ボタンをおします。

個人的にMr.Childrenのアルバムといえば一曲目はオーケストラ調のエピローグが流れるのかに注目しています。

代表的なものだと「BOLERO」の時の1曲目の前奏からのEverythingまでの流れだったり、IT’S WONDERFUL WORLDの時も1曲目に前奏が入ってからの「蘇生」までの流れなどは本当に秀逸でした。

もともと何度も聞いていた曲でも、前奏がある事で高揚感が高まりいいテンションで曲に入っていく事ができました。

次はアルバムオリジナルの前奏があるといいな。

1曲目「YourSong」

今回のメインソングであろう「YourSong」から再生が始まります。Youtubeで聞いていましたが、とてもいい曲です。

2曲目「海にて、心は裸になりたがる」

僕も音楽自体には詳しくないですが、最近のガールズバンドが奏でそうなポップな曲です。
おー!という1曲目のYourSongでの叫び声がところどころに音楽にのって入っています。

3曲目「SINGLES」

REFLECTIONの斜陽のようなイントロからスタートします。懐かしいメロディーラインで夏を思いだします。

疾走感のある曲です。

4曲目「here comes my love」

365日のようなイントロからスタートします。

最初の40秒ほどはピアノ伴奏のみですが、徐々にドラム、ギターと入ってサビに向けて重厚感がでてきます。

6分という長いメロディーなので、途中にテンポが変わるようなところがあったら楽しかったな。

5曲目「箱庭」

タッタッタッと脱力したマーチングようなドラムが印象的な脱力感のある曲です。

リズミカルで脱力感のある曲調とは裏腹に歌詞は「乱暴なまでに僕はまだ君を好きで、残酷なまでに暖かい思い出に生きてる」という、強い歌詞が印象的です。