最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

二日酔い・気持ち悪さ改善にこの方法がきいた!!具合の悪いときはこの方法を試してみよう!!

二日酔い・気持ち悪さ改善にこの方法がきいた!!具合の悪いときはこの方法を試してみよう!!

二日酔いになった時に、どうすれば良いのかをまとめてみました。実際に、効果があったことだけを書きます。

久しぶりの飲み会・久しぶりの二日酔い。

飲み会に参加して楽しくお酒を飲んでいたところ、飲み会の席では特に何も感じませんでしたが、家に帰る頃になって頭がクラクラしていました。

その晩は、とりあえずシャワーを浴びて、さっさと寝たのですが、翌朝は気持ちのいいスッキリした青空とは正反対の、気持ち悪さとともに目覚めたのです。

飲む種類をビールだけにすればいくら飲んでも次の日には残らないのですが、飲み仲間がハイボールを注文していたので、私もビールに飽きた頃に、口直しとして飲み仲間のグラスのハイボールを勝手に飲んでいたのです。

宴会がお開きになる頃になって、飲みすぎていたという事がわかりました。

二日酔いの具合の悪さをどう直すか!!

二日酔いとは、アルコールを当日のうちに肝臓で処理しきれなかったということです。つまり、寝ている間にも肝臓はフル稼働して、アルコールを処理してくれています。

そして、アルコール処理の過程で発生する「アセトアルデヒド」という物質が気持ち悪さの根源なのです。アルコールの処理が進んでいるという証拠ではありますが、具合悪さはどうにもなりません。

二日酔い対策の絶対王者、とにかく水を飲む!!水分補給。

二日酔いになった時に欠かせないのが水分補給です。

お酒を飲んだ翌日は、身体がカラカラに乾いています。アルコールは水分補給できているようで、実はアルコールの影響で身体の水分をとばして乾燥させてしまっています。

そこで、具合の悪さを改善を手助けしてくれるのが水分補給です。身体の水分をとにかく、もとの水分バランスに戻すことが体調復活の再優先事項です。

特に、アルコールが分解するとおしっことして排泄されますので、積極的に水分摂取をして、おしっことして有害物質を身体の外に出すようにしましょう。

また、悪の根源であるアセトアルデヒドの分解にも水が必要なため、身体の水分バランスを戻す、おしっことして悪い物質を外に出すことを促進、アセトアルデヒドの分解といったように、水分補給なくして二日酔いの速やかな改善はありません。

トマトジュースが二日酔いにきいた!!

二日酔いのときには、食欲はなかなかきませんが、しっかり栄養補給しないと、なかなか体調も戻ってきません。

ご飯を食べる気にならない時にオススメなのが、トマト(トマトジュース)です。

お酒を飲むと、大切な栄養素(ビタミン・ミネラル)なども消費してしまいます。トマトに含まれる、ビタミン、ミネラルは、お酒を飲むことで失われた栄養素を補給してくれる嬉しい効果があるのです。

私自身、今日の具合の悪い朝に冷蔵庫に入れていたトマトジュースは、全然食欲がなくても多少は飲むことができました。ご飯を食べられなくても、栄養補給はしっかりしておきましょう。

ウイダーinゼリーも二日酔いにきいた!!

二日酔いのときには、臓器も疲れ切っていますので、消化で追加の負担がかけるのは得策ではありません。

しかし、身体には栄養をいれないと体調も本当の意味では戻ってきません。

おにぎりなども食べる気はしませんでしたし、カロリーメイトもありましたが、食べたいとおもいませんでした。

基本的に食欲はないのですが、なにか食べないといけないと考えた結果、固形物ではなくゼリー飲料のウイダーinゼリーを摂取することにしました。

結論から言うと、このウイダーinゼリー摂取は体調回復の分岐点になったと思います。胃に、栄養素がはいることで中和が進んだのかはわかりませんが、トマトジュースよりもウイダーinゼリーがとても効果があったように感じています。

二日酔いによくわからなかった、セサミン!!

二日酔いを改善するには、肝臓の働きを良くすることが肝心です。

そこで、家のサプリコーナーにしまっておいたセサミンがあったことを思い出しました。そこで、セサミンを一粒飲んでみました。

うーん、結果的になにも変わりませんでした。

基本的にサプリ系に関しては、すぐに効く!!ということではなくて、日常的に飲み続けることで効果を発揮するということだと思います。

つまり、具合が悪くなった時に思い出したように摂取しても効果は薄めということだと思います。

実際、今回の私のように二日酔いで具合が悪い時に飲んでみましたが、何も変化はなかったように思います。

これはダメ!朝ごはん摂取オススメしません。

今朝はひどい二日酔いでしたが、とりあえず決まった時間に朝ご飯をたべる週間があったので、無理くり食べました。

結果として、いつもの半分も食べられませんでした。茶碗半分くらいです。

昨晩の飲み会で、揚げ物などをたべてお腹が空いていないのに加えて、二日酔いの気持ち悪さもあったのですが、あえて無理してでも朝ご飯を食べる事でいつのもリズムに戻るようにと期待はしていました。

しかし、食欲が無い時に無理やり食べたせいか、胃がうけつけてくれなかったのか吐き気が強くなってしまいました。

これは今回は二日酔いにはダメだった!ヨーグルト!!

様々な情報をネットで検索すると、二日酔いにはヨーグルトがおすすめという情報もありました。

ヨーグルトが進められている理由としては、ヨーグルトに含まれるタンパク質が二日酔い改善に効果的ということでした。

また、ヨーグルトは固形物ではないので、のどごしもよいので食べやすい面はあると思います。

しかし、今回の私のケースに限っていうと、ヨーグルトを食べた結果、余計に気持ち悪くなってしまいました。

なぜ気持ち悪くなってしまったのか、明確な理由は不明ですが、結果的に、冷たい脂肪分なので、身体を冷やしてしまったが悪かったのかなと思う点もあります。

まとめ

今回の二日酔いでもっとも効果を発揮したのは、意識的な”水分補給”加えて、トマトジュースとウイダーinゼリーでした。

特に、ウイダーinゼリー(青)はだいぶ良かったです。

身体の中の老廃物質を外にだすためにも、新鮮な水分、栄養のある食べ物を積極的に摂取して、悪い物質をどんどん外にだして、循環をよくしましょう。