【なんで?】佐川急便の「お届け予定メール」が届かなかった理由、遂に判明!




まとめ

佐川急便では、お届け予定の荷物がある場合は、前日にメールで通知するサービスを展開しています。しかし、実感としてメールが届かない事の方が多いです。

ヤマトの場合は、毎回確実にメール通知があります。この差はなんなのか気になっていました。

お届け予定メールが届かない最大のデメリットは、インターネットからの宅配時間の変更ができない事です(電話不可避)。

スマホ・PCで出来る時代に、電話が必須というのは不便に思います。

そこで、なぜお届け予定メール通知が届く場合と届かない場合があるのか、佐川急便の方に教えてもらいました。




佐川急便のメールフォームから問い合わせてみた。

今回は佐川急便公式ホームページ、メールフォームから問い合わせをしてみました。

メールフォームの投稿完了画面には「かならず返信ができるとは限りません、回答まで時間がかかる場合があります」といったような内容が書いてありました。

あまり期待しないで時間を過ごしていたところ、メールフォームを送信した当日中に最寄りの営業所の方から電話をいただきました。

(荷物だけでなく、メールフォームからの顧客対応なども、お客さんの近くの地域営業所に割り振っていたのは意外な発見でした。)

佐川急便の方いわくポイントはふたつ。

今回、私が気になっているポイントは「お届け予定メール」が届く場合、届かない場合があるのはなぜかという点です。

電話越しに佐川急便の方が、私のwebトータルサポートの登録状況に不備がないかをチェックしてくれました。その結果、登録自体には不備はありませんでした。

それでは、不備がないのになぜお届け予定メールが届かないのでしょうか。

佐川急便の方がいうには、受け取り側だけでなく発送側の設定も重要なのだそうです。

【発送側】佐川急便のシステムで伝票を発行している。
【受取側】webトータルサポートに登録し、メール登録を「通知する」に設定している。

つまり、発送側・受取側のふたつの条件が揃って、はじめて「お届け予定のメール」が配信されるのだそうです。

webトータルサポートへの登録方法については、こちらを参照ください

手書き伝票の場合は、条件を満たしません。

営業所の方曰く「手書きの発送伝票では基本的には通知メールが届かない」という事でした。

確かに「佐川急便のシステムから発行された伝票」が条件になっている以上、手書きでは難しそうです。

個人同士のやりとりで、webからの時間変更する必要性がある場合は「ヤマトでお願いします」という言葉を付け加えるのいいかもしれません。

佐川急便で「配達前の荷物」の指定時間を変更する方法
ネット通販で佐川急便の「お届け時間指定」をして商品購入した後に、急用が...

まとめ

以上、佐川急便のお届け予定メールが来ない理由でした。

ちなみに、「webトータルサポートの約款(注意書き)にも、通知メールは届かない場合があります」という文言が含まれているのだそうです。

個人的な感想としては、webから時間変更をする機会が多いので、できればお届け予定メールが届く条件を緩和してほしいというのが正直な感想です。

佐川急便といえば、お客様の荷物を蹴り上げる動画が公開されるなど、良からぬ評判もあるのも事実です。しかし、忙しい中でも、このようなメールフォームからの質問にも、真面目にしっかり答えて頂くことができました。

メールフォーム送信後には、「回答がない場合もあります」という言葉も掲載されていたので、正直無視されるとばかり思っていたので、真面目にしっかりやっている方も多いんだなぁという事を実感しました。

佐川さん、お届け予定メールのシステム補強、期待しています!