【悲報】完全無欠コーヒーを飲むにはデメリットが多すぎた・・・。




ダイエット

もし、興味があって試したい場合は少量の材料から揃えましょう

今回紹介した完全無欠コーヒーを紹介する本。

興味を持って試してみたい場合は、まずは少しの材料から試してみることをお勧めします。私は、バター1kg、コーヒー豆500g、エリスリトール1kgなど、すべての材料を大きなパックで揃えてしまいました。

結果は、前述のとおり散々なもので、憧れた完全無欠コーヒーを続けることは困難になり、残った材料をどうするか思案に暮れることになりました。

特にバターは衝撃で、冷蔵庫で保管していたはずなのに、たった2カ月程度でカビが生えてしまっていました。

また、コーヒー豆、エリスリトールも捨てるのはもったいないので、しばらく棚に保管していたのですが、開封済みコーヒーや甘味料を知り合いにあげることも抵抗があり、結局最終的には処分することになってしまいました。

大容量を買っていなければ、最低限使い切れたはずなので、購入量の点でも大失敗でした。

日本人でも。胃や腸が強い人は試してみる価値ありか。

今回の私の事例においては、コーヒーの刺激において胃が荒れて、バターの油分においてお腹が緩くなりました。

せっかく買ったので、無理をして続けた結果、血液がどろどろな感じで心臓が少し苦しい感じがしました。

しかし、コーヒーの刺激に負けない強い胃をもち、空腹時に油分をとってもお腹が緩くならない自信がある場合には、試してみる価値はあるかもしれません。

人間の身体を理解して、そこから逆算して導き出されたレシピという事なので、効果がある方には、絶大なる効果を発揮しそうです。

タイトルとURLをコピーしました