【2018】新型 iPad Pro 11インチ は“板”のようなビジュアル、その実力は!? │ 検証レポート




iPad




–絶壁デザイン。

これまでのiPadは、サイド面(側面)はなだらかな傾斜があり、丸みをおびたフォルムが特徴的だった。

しかし、新型iPad Proはサイド面が絶壁なのだ!!

サイド面がストンと90度、絶壁になり厚く重量感を感じる見た目になった。

サイド面はiPhoneSEに似ているとも言える。

性能がアップして色々すごいのは理解できるが、見た目だけで判断すると完全に一枚の“板”だ。

–ホームボタンがなくなった影響も“板ビジュアル”を加速させる

これまではホームボタンがあったので、遠くから見てもiPadや、デジタル機器だと理解することはできた。

しかし、iPad Pro11インチは、ホームボタン廃止により表面も“平(たいら)”、背面もカメラ部分以外は“平(たいら)”。

そして、サイド面もストンと切り落とされていることで、見た目の板感を加速させているように思える。

–噂の新機能背面マグネット

つるっとした板にも見えるiPad Pro11インチだが、面白い新機能が備わっている。

背面マグネットだ。

このマグネットにより冷蔵庫などに、iPadPro11単体でぴたっとくっつけることができるのだ。

背面のマグネットをどのように活用するか真面目に考えてみた。

・プレゼンの時にホワイトボードにくっつける。
・冷蔵庫にくっつけて家族との連絡ツールにする。
・店頭の宣伝用にくっつけて表示しておく。

ただ、上記のいずれの役割もわざわざiPadPro11である必要はない。

そしてなにより、マグネットが外れて落下すると危険だ。

角から落ちようものなら画面は一瞬でクモの巣になるだろう、高価なデジタル機器だけあって危ない使い方は避けるのがセオリーだ。

そして、マグネット機能についてのAppleの回答を掲載しておく。
・スマートキーボードフォリオを同期させるため。