雪かきに水・お湯を使用してはいけない理由とは?




雪かきに水・お湯を使用してはいけない理由とは? まとめ
雪かきに水・お湯を使用してはいけない理由とは?
雪かきに水・お湯を使用してはいけない理由とは?

雪かきに水・お湯を使用してはいけない理由とは?

雪がたくさん降った後に、雪かきするのはなかなか大変ですよね。

スコップをもって、重たい雪をすくって放り投げるの繰り返しは時間も体力も使う重労働。

「雪かき大変なら、蛇口から水やお湯をかけて溶かしちゃえばいいじゃん!」と思った方も多いのではないでしょうか。

実は、水やお湯を使って雪を溶かしてしまうと、あまり効果がないだけでなく、恐ろしいことが待っているので、普通に雪かきすることをおすすめします。




なぜ、積もった雪を水やお湯を使用して溶かしてはいけないのか?

雪かきが面倒なので熱湯を使って溶かしてしまおうというのは、とても危険です。

なぜならば、お湯や溶けた雪が再凍結し、ツルツルのアイスバーンのもとになってしまうからです。雪かきが必要で、水やお湯で溶かそうとする場所は、通路の場合が多いと思います。

そんな、自分自身も含めて家族などが日常で使う道に、アイスバーンをつくってしまうと、怪我の原因になりますし、自分自身だって転倒の原因になります。

特別の事情をのぞきお湯を使用した雪かきは避けるのが賢明な判断です。

雪をお湯で溶かすのは、費用対効果(コスパ)も悪いです。

雪を溶かすために、家からお湯を持っていく労力(体力)だってかかりますし、お湯だってタダではありません。

そして苦労して、雪かき現場までお湯を持っていって一瞬雪が溶けたとしても、ぬかよろこびで、すぐに再凍結してしまいます。

私自身も若かりし頃の体験談として、深夜に車が雪にはまってしまったときに、タイヤと地面の接地面にお湯をかけて脱出しようとしましたが、すぐに再凍結して、余計に状況が悪化した経験があります。

雪を溶かしたお湯は、すぐに凍ってアイスバーンの原因になります。アイスバーンができてしまうと、普通の雪よりも固く、滑りやすくなりますので、より危険な状況に悪化させてしまいます。そして、その季節の冬はそこにアイスバーンが存在し続けることになります。

アイスバーンの上に、粉雪がふって、凍結面が隠れている箇所を歩くと、雪道に慣れた人でも思い切り転んでしまうほど危険です。絶対にやめましょう。

やはり、雪は、スコップでひとかきずつかいていったほうが、結果的な解決策かと思います。

[例外]雪かきに、水や熱湯を使用してもいいケースはあるの?

雪かきにお湯・熱湯を使用して溶かして処理しても良いケースもあります。

それは、気温が高く、水や雪の再凍結の恐れがない場合です。春先の比較的気温が高い日中に、溶け残った雪をなどを処理する場合など、例外的な状況にのみ適用される雪の処理方法です。気温がぐんぐん低くなる夜中などには、避けるべきといえるでしょう。

水やお湯で溶かしてしまう方法は一見、らくちんで簡単に思えますが、事後にアイスバーンの危険がない場合にのみ、とても有効な手段と言えるでしょう。

Astage(アステージ) 雪かき用 ラッセル パイプ柄 オレンジ
by カエレバ