[新幹線]窓側の座席のメリットとは?おすすめ?

新幹線の座席は窓側をどるべきか?おすすめは?

先日出張で新幹線に乗車した際に、チケット取得がぎりぎりだった為、3列シートの真ん中の席しかあいておらず、とても大変な思いをしました。
中~長距離の移動には欠かせない移動手段である新幹線ですが、「新幹線に乗車時間を快適に過ごすため」には、ベストな座席選びは必須条件だと身に染みて感じました。

さて、新幹線で席を選ぶ時には、どういった点に注意するべきか。快適な座席はどこなのか。

そこで、今回は新幹線の座席のどこをとれば最も快適な移動時間を過ごせるのかを考えてみたいと思います。

新幹線の窓側の座席を検討している方向け

窓側の座席のメリットをあげて見ます。

新幹線の窓側の座席のメリット

・外の景色が楽しめる。

・壁に寄りかかれる。

・コンセントがある場合が多い。

・自分でカーテンを開閉できる。

・壁にコートをかけるフックが付いている(冬は便利です)

ざっくり箇条書きしてみました。

窓側の最大のメリットは「景色を楽しめる」。この一点につきます。

せっかくの長距離移動ですから、車窓から見える外の景色を見ながら、ぼーっとするのもいいですよね。

また、通路側の人は壁がないので寄りかかれませんが、窓側の人は壁にもたれる事ができます。地味な点に思えますが、長距離移動で体制を変えたりする時は、意外と便利に思えます。

そして、窓側の人は壁にあるフックも使うことができます。

出張中のビジネスマンの方達は、スーツのシワを避けるために上着を脱ぐ人も多いですが、脱いだ上着をかける為には最適です。

窓側のデメリットとは。

ここまでは窓側の座席のメリットだけ書いてきましたが、デメリットもあげていきたいと思います。

新幹線の窓側のデメリット

・乗降時やトイレに立つ時に他人の前を通らないといけない。

・車内販売の利用が遠く身を乗り出して買う必要がある。

窓側の座席の最大のデメリットは、通路側の人の存在です。構造上仕方がないのですが。。

例えば、用事があって席を立つ時には、必ず通路側の人の前を通る必要性がでてきます。

トイレに立つ時、乗降時、デッキで電話を使用したい時、通るたびに隣の席の人に「すいません」と、頭を下げて通る必要があります。隣の人が寝てたりしたら、起こしてどいてもらう必要がありますし、ちょっと気まずいです。

到着まで席を立つ必要性を感じない人は、迷いなく窓側の座席でいいのではないでしょうか。

窓側の座席を避けた方がいい方は、小さな子供さんがいて頻繁に席を立つ必要があったり、お仕事で電話があってデッキを使用したい、トイレによく行きたい、という人は窓側は避けた方が無難でしょう。

新幹線の窓側の座席のメリット、デメリットをよく把握することで快適な移動時間をお過ごしください。

コメント