2018年版フルスクリーンiPad Pro登場へ、すべての既存iPadが型落ちデザインに。

子供でもすぐにわかる革新的なデザインのiPad Pro

iPadほどの、世代や発売年度の見分けがつきづらい端末も珍しいと言えます。

初代iPadと最近のiPadの見分けはつきますが、ここ近年のiPadは見た目もほとんど変わりません。

また、ネーミングもiPhoneのように、iPhone7/iPhone8/iPhoneXといったようなナンバリング方式ではなく、発売されるごとにシンプルに「iPad」という名称が名付けられてきました。

本体の大きさなど・見た目がほとんど変わらないので、見分けるのは至難の業です。

iPad AirのあたりはiPad Air2などとナンバリングがあったので理解しやすかったのですが、iPad Proになってからは、単にインチ数の9.7や10.5などで識別する方式となっています。

2018年度版のiPad Proは識別も簡単に

多くの場合、iPadの年代を正確に見分けるには、型番などをネットに打ち込む必要がありました。

購入時には、iPadという製品名の後ろにある(第6世代)(第7世代)など、端末の末尾にふってある世代番号によってのみ見分けられます。

しかし、似通ったデザインでどの世代のものかという悩みは、2018年度のiPadProには不要です。

iPadではじめてホームボタンが廃止され、あまり詳しくない人でも完璧に見分けられるほど革新的なデザインとなっています。

気になる新型iPad Proの価格、iPhoneXsMaxより高くなるのか?

デザインも認証機能も刷新された2018年度版の新型iPad Pro。

発売日に買っておけば、しばらくは最新型として使い続けることができますが、価格帯については大いに気になるところです。

仮に、iPad Proに有機ELパネルが搭載された場合は、その価格もiPad史上最高値となる可能性があります。

有機ELパネルが搭載された6.5インチのiPhoneXs Maxが15万を超える価格で発売され世間を驚かせていまが、仮に11インチと12.9インチの二種類のiPadが有機ELパネルを搭載して発売される場合、その価格はiPhoneXs Maxと同等、もしくはそれ以上になる可能性も考えられます。

iPad Proの場合は、CPUなどは一世代前のものに「X」をつけて、コスト節約をする構造になる場合が多いですが、今回はA11Xチップとなるのか注目です。

当然、搭載されるチップによって、価格は変わってきますので注目ポイントの一つです。

もし、購入した場合は、これまでホームボタンのあるiPadしか世の中にはありませんでしたので、しばらくは最新型というちょっとした優越感を持ちながら使うことができそうです。

発売日を楽しみに待ちたいと思います。

Source:https://www.reddit.com/r/apple/comments/70921w/an_ipad_pro_with_a_top_notch_display/

1 2