最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【大相撲】2019年夏場所の見どころを解説!もっと楽しく見るポイントとは!?

2019-oozumou-natsubasyo23

2019年の大相撲夏場所ですが、どこに注目してみれば良いのでしょうか。稀勢の里が引退して、貴景勝も初日から休場、豪栄道も休場と、なんだか見どころがない印象が拭えません。

中日を終えて白鵬・鶴竜が勝ちっ放しということで、今場所も白鵬か鶴竜で優勝が決まり、いつものマンネリムードが漂っています。

貴乃花騒動のときは話題豊富で興味深かった。

貴乃花の一連の騒動のときには、日常から大相撲の話題がひっきりなしに放送されて、土俵に対して世間の耳目が集まっていましたが、いまは良くも悪くもワイドショーなどで大相撲が取り上げられることはなくなりました。

土俵外でも大相撲の話題が振りまかれている時期は、土俵内のことにも注目されていたように思います。

話題の中心が日本相撲協会でしたので、相撲中継に置いて、大相撲協会がどのような対応をするのかなども、関心事でしたが、いまはすっかりと平常運転に戻り沈静化しています。

感情移入ができる力士がいない!

日本人の横綱である稀勢の里が引退してから、応援したい絶対的な存在がいなくなってしまいました。

稀勢の里は、メンタルの弱さが度々指摘されてきましが、何度も挫折を繰り返して最終的に横綱の座をつかみとりました。

そこには数年越しの悲願であり、名解説者の北の富士さんも「稀勢の里を横綱にする会・会長」を公言しており、国民も稀勢の里の肝心なところで勝ちきれない取り組みなどに一喜一憂してきました。

今度は頼むぞ、なんか土俵の下でニヤニヤしているぞ、大事なところでドジするなよ!など、稀勢の里がいるだけで場所はとても盛り上がりました。

白鵬も自らのSNSの壁紙を稀勢の里と向き合った写真にするなど、実力を認められていたのが稀勢の里でもありました。

やはり、日本人横綱がいるか・いないかの違いはとても大きいように感じますし、その横綱の地位を狙えるだけの力士がいるかどうかも、場所にとってはとても重要だと感じますが、横綱を狙える力士の不在は、興味の高さに密接に関連しているように思います。

この力士が優勝さえすれば、悲願の日本人横綱の誕生に近づくんだという興味は、大相撲を見る上で、最大の興味ポイントのひとつですので、早く横綱を虎視眈々と狙える自他ともに認める力士がでてきてほしいものです。

貴景勝、不在も興味なさを加速。

大関の貴景勝も、怪我が原因で出場しておらず、いわゆる横綱に近い力士が不在の場所です。大関とり、綱取りの力士もおらず、場所の話題のテーマとなる力士もいません。

大関・栃ノ心も、休場を繰り返しており、横綱を狙えるコンディションは整っておらず、今場所は
途中から休場もしています。

大関の高安は2敗と良い位置につけていますが、立ち会いからのぶちかましも徐々に対応され始めており、横綱になるためには、もうひとつふたつ地力をつけるための工夫が必要となりそうです。

個人的に、唯一注目ポイントが関脇の御嶽海です。

御嶽海は貴景勝に並ぶ、若手の有望株で、次の大関に最も近い存在だと思います。貴景勝とは熾烈なライバル関係があり、自分よりも先に大関の座を掴み取った貴景勝の存在が強い刺激になっています。

若武者のように、気合の入った面構えと、気迫たっぷりの相撲はファンが多く、いつも横断幕がはられています。大応援団がくるのも御嶽海の特徴で、やはりそれだけ期待値の高い力士であるといえると思います。

まとめ

御嶽海に期待。

ついに大相撲デビュー!? 大相撲の楽しみ方 をお伝えします。