最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

ダイエットを絶対成功させる方法 「始める前編」 5選

3食しっかり食べる

これは本当に大事です。なぜダイエットなのに食べるの?という声も多いですが、特に、朝食は絶対に抜かない方がいいです。

ダイエットで食事量をコントロールするときは、なるべく朝食の量は減らさないようにしましょう。一日のエネルギー源となるだけでなく、午前中を寝ぼけ眼(なまこ)で過ごさない為にも、しっかり摂取しましょう。

[blogcard url=”https://yutalog.net/?p=409″ title=”朝食を食べる理由5選” content=”ブログカードのテスト”]

体重計に毎日乗る

まずは自分自身を知るために必要なものです。痩せたいと言っても、基準点がしっかりわからなければ、増減もはかれません。お風呂場がおススメです。カレンダーを貼っておいて、体重を書いていくのがおススメです。家族にばれたくないときには、覚えておいて自分専用のノートに書きましょう。




自分の現在の正確な質量を知る

体重計に乗る前に水を2リットル飲んだら、体重って2キロ増えますよね。でも、その増えた2キロって、自分の体重だと思いますか?違いますよね。胃の中に入っているお水の量が加わっての体重です。食事の直後も、胃の中に食べたものが入っているので、適正な自分の質量とは言えません。つまり、胃の中にはいっている食品や水分を抜いた時に、自分自身の正確な質量が計測できます。

ベース(基本)の食事量を知る

これもとっても大事です。ご飯ををどのくらい食べたら満腹になって、どのくらいだと足りないのか、ここの分岐点がしっかりしていれば、食べ過ぎや、食べ足りないことによる間食を防ぐことができます。自分が、活動する為に必要な食事量をしっかり把握しましょう。自分の基本の食事量が把握できていないと、「まだ食べたりない」という感覚のみでの食事となりますが、頭で理解していれば「もうそろそろ十分だ」という理性面で、セーブする事ができるようになります。食事で大事なのは、理性と感覚の2刀流です。

自分の現在の正確な運動強度を知る

ダイエット成功の最大のポイントは、消費カロリーと摂取カロリーをコントロールすることです。ダイエット成功の大きな要素でもある、基礎代謝をあげるには、筋肉を動かす事はとても大切です。普段、何も意識していない時は、どのくらいの運動をしているのか、メモしておきましょう。

その運動量を基準点として、運動量をちょっと増加させましょう。

近所をふらっと歩くウォーキングでも大丈夫ですので、意識的に運動する時間を5分でも、10分でも増やしましょう。最初から張り切ると、ひざや脚を痛めてしまいますし、辛いと続かなくなりますので、最初は3分や5分の軽い運動からがおすすめです。買い物の時に、わざと店内を一周したり、エレベーターではなく階段を使用したりするのもおススメです。







 

朝食を食べておきたい理由 5選

ダイエットを絶対成功させる方法 「始める前編」 5選

【ダイエット失敗実例】絶対やってはいけない禁断のダイエット方法をまとめました。

水素水の効果とはなんだ、3ヶ月毎日飲んでみた。