最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

努力は必ずしも報われなかった! 努力は嘘をつく事も、人を裏切る事もある。

努力は必ずしも報われなかった! 努力は嘘をつく事も、人を裏切る事もある。

有名な名言「努力はかならず報われる」とありますが・・。

誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。「努力は人を裏切らない!」という有名な言葉。学校の先生もよく言っていたように思います。

目標に向かって必死に頑張る姿は、とても美しく、魅力的にも感じます。

ただ、誰が言った言葉なのかは分かりませんが、実際は「努力は人を裏切らない!」は、嘘だということがわかってきています。

ただ、「努力は裏切るから努力しないほうがいい」という怠けた記事ではなく、「努力が自分を裏切らせないようにするアプローチ」についてフォーカスしたいと思います。

努力が実を結ぶ人とそうでない人は何が違うんだろう。

 

ちょっと難しいテーマね。

 

 

「努力」の意味について考える。

「頑張ること」が評価される社会ですが、時として結果がでない時にはどんなに努力していても、自分の望むものが得られなかったり、周囲からの評価が上がらなかったりします。

「努力することが評価されるのは小学生まで」、つまり結果がでなければ意味がないというシビアな格言もあります。

まず、努力という言葉の意味を知ることから書き出したいと思いますがネットは辞書で意味を調べると「目標の実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。」という意味です。

学校や仕事、人生においての目指すべき成績・成果をあげるため、頑張るという事です。

闇雲に動くのが努力ではなく、正しいベクトルをもった努力が大切

努力にはベクトルが大切です。

直線で100mまっすぐ進んだところにゴールがあると分かれば、右折したり、左折したり、回り込んだりする必要はありません。しかし、ゴールが見えない時代、そのまま進めばいいのに、目標地点を見誤り、迷走することもしばしばあります。

ベクトルとは方向です。

具体例をあげると、テストで良い成績をあげようとしているときに、テスト範囲を誤って認識してしまい、テストに出ない部分を学習をしていたとします。

これは、努力の成果物である「良い点数をとる」という目的を達成することはできず、「努力のベクトル」が間違っていたと言えます。

努力は、感情論ではなく「結果」で評価するべき。

上記のテストの例では、「せっかく頑張ったのだから、いいじゃないか!どこかで必ず役に立つよ!」という優しい声がかかる事もありますが、テスト勉強の最終目的は「テストで良い点数を取ること」です。

たくさん勉強したという事のみが、テスト紙面上で評価されることはありません。

スポーツにおいても、マラソン大会の練習で、必死に短距離走のダッシュを繰り返していても、大会でいい成績を残すことができません。

テストの例でも、マラソン大会の例でも、必死に時間をかけて、汗水ながして頑張って努力しましたが、本番では良い成績を残せる訳はありません。肝心の「努力のベクトル」が違っているからです。

テストを受けるためには、テスト範囲の学習が欠かせませんし、マラソン大会なら持久力が必要なので、短距離ではなく長距離の練習をすべきなのです。

上記の例では、すぐに努力の方向(ベクトル)が違っていることが判別ができますが、実際の仕事や人生においては、自分の努力がしっかり「正しい方向」に向いているかの判断、冷静な視点が大切になってきます。