【ついに】iPadからもホームボタンが消滅!FaceID搭載の特大全画面ディスプレイのiPad誕生へ!




iPad




今年の新型IPADは11インチ以上か。

今年発売予定の新しいiPadProですが、ついにiPhoneXのようにホームボタンのない全面ディスプレイになりそうです。

iPadのインチ数は徐々に大きくなっています。

歴代iPadは9.7インチが主流ですが、2017年度に発売されたiPadProは初めてインチアップされ10.5インチでした。

9.7から10.5インチへの画面拡大においては、本体の大型化ではなく、ディスプレイ脇の淵(ベゼル)を削ることで実現しています。

そして、2018年度に発売予定のiPad Proはディスプレイ脇の淵(ベゼル)を、なくして登場する可能性が高まっています。

最新iPadはiPhoneXの大型版!顔認証機能(Face ID)を搭載か。

ホームボタンがない為、認証はインカメラ(True Depthカメラ)におけるFace IDで行う事になりそうです。

ホームボタンがなければ、従来の主流だった指紋認証(Touch ID)は当然、使う事はできません。

なお、ベータ版が公開されているiOS12においては、iPad用のFace IDの設定画面があるとの報告がユーザーからあがっています。

すでに、iOS12ベータ版に組み込まれているとすれば、次期iPadにFace IDが搭載されるのは確実かもしれません。

大型iPad 12.9インチも全画面ディスプレイになるのか?

なお、今回情報があがってきているのは11インチのiPadについてのみです。

iPadには、いわゆる「大きいiPad」といわれている12.9インチもラインアップには存在していますので、将来的には、12.9インチのiPadも全画面ディスプレイになっていくことが予想されます。

iPad版アニ文字の存在もFace ID搭載説を後押し

なお、全画面ディスプレイiPad誕生の根拠がもうひとつあります。

現在、iPhoneXにおいてはアニ文字と呼ばれる技術がAppleでは実装されています。

アニ文字とは、3万以上の光を顔に照射して、表情を読み取り、アバターに投影させる技術です。

この章の先頭に紹介しているDocomoのCMで女優の高畑充希さんが、Xjapan「紅」を熱唱して、アニ文字にさせているのは記憶に新しいところです。

簡単そうにみえる技術ですが、実はかなり高度な技術のもとに成立しています。

アニ文字がつかえる技術が搭載されている=Face IDも使える=ホームボタン廃止

次期iPadに搭載予定のiOS12のベータ版において、iPad用のアニ文字が見つかったという報告があがってきています。

つまり、iPadにはTrue Depthカメラが搭載されている必要があるため、顔認証システムの搭載も必然といえるでしょう。

2010年5月に発売されて以来、ずっとホームボタンがあったiPadですが、ついにボタンがなくなる時が近づいています。

2018 新型iPad Proの詳細サイズをチェック! どこが変わる?。
いよいよ2018年度も終盤にさしかかり、新型のiPad Proが発売さ...
【新旧比較】 新型Apple Pencil(第2世代)のポイント解説!サイズや価格、互換性など。
2018年11月7日に通算で2代目となるApple Pencil(第2...

引用:https://twitter.com/VenyaGeskin1

ついにiPhoneだけでなくiPadからもボタンがなくなるのかぁ。

 

私はボタン好きだったけどなぁ。

 

顔認証になれば便利になりますね!