iPhone8の宣伝文句から読み取る、iPhone8のセールスポイント。

iPhone8が発売されオシャレな「宣伝メール」が届いた。

分かりやすいシンプルな文章と、綺麗な本体画像が表示されている。

AppleからiPhone8の宣伝メールが受信ボックスに届いていた。

実際、iPhone8の後にはiPhoneXが発売する。ラインアップが複雑化してきて、私たちユーザーは、どの機種を選択をすべきか非常に迷う所である。

今回はiPhone8の魅力を「宣伝メールの文章」から、段落ごとに読み解いていきたい。

iPhone8発売のメールがAppleから届いた。

Appleからのメールのメイン文章は下記の通りだ。

ガラスから生まれた、まったく新しいデザイン。
さらに進化した世界中で大人気のカメラ。
スマートフォン史上最も賢く、最もパワフルなチップ。
圧倒的にシンプルなワイヤレス充電機能。これまで体験できなかった拡張現実の世界もいよいよ現実になります。

文章を一行ずつ分析してみたい。

ガラスから生まれた、まったく新しいデザイン。

今回のメールの書き出しは、ガラスデザインについて触れられている。

つまり、最もインパクトがある書き出し部分に、ガラスデザインを持ってきていることから、光沢のある美しいボディを大きなセールスポイントと考えているのがわかる。

ただ、現状はケースをつけて使うユーザーが多い事から、どの程度まで「 美しいガラスデザイン 」がユーザーにとってのメリットになるかは、不透明である。

さらに進化した世界中で大人気のカメラ。

今回のメールで、二番目に触れられているのはカメラ機能だ。

ただ、「さらに進化した」という文言のみで、どこがどのように進化したのかは具体的にはメールでは記載されていない。

iPhone7と比較すると、画素数はアウトカメラ1200万画素、インカメラ700万画素と、まったく同じである。

違いがあるとすれば、iPhone8には、最新型センサーが付いている事だろうか。ただ、最新型センサーの有無によって、どの程度写真に差がでるかの、比較画像があれば、わかりやすいのだが。

スマートフォン史上最も賢く、最もパワフルなチップ。

三番目に触れられているのは「 A11 Bionic 」チップについてだ。

スマートフォン史上最も賢く、最もパワフルなチップという文言を使う事に関してA11 Bionicチップへの自信の程がうかがえる。

iPhone7の「 A10 Fusion 」チップと比較して、高い負荷で活躍する高性能コアは最大1.3倍の速さで動作し、低い不可で活躍する高効率コアはA10の1.7倍、GPUは1.3倍で動作するとの事だ。

圧倒的にシンプルなワイヤレス充電機能。

真っ先に書いておくが、ワイヤレス充電キッドは別売りだ。

四番目に触れられている「 ワイヤレス充電 」についての事である。充電については、メインは同梱されている従来のlightningケーブルを使用しての充電がベースになりそうだ。

これまで体験できなかった拡張現実の世界もいよいよ現実になります。

最後に触れられているのは「 拡張現実=AR 」についてだ。

今回のA11 Bionicチップがより高速な処理速度を実現したため、今までできなかったことができるようになるという事だろう。

無から何かを作り出す。バーチャル・リアリティ(仮想現実)と違い、オーグメンティッド・リアリティ(拡張現実)とは、現実世界にスマホを通して、付加価値を付け加えることだ。

一例をあげると、道路にスマホをかざすとポケモンがでてきたり、お店でスマホを除くとカタログが画面上にでてくるような、スマホを通して、現実世界を脚色することである。

ただ、ご存じのとおり、上記のような拡張現実はすでに存在している。

今回のメールで触れられている「 これまで体験できなかった拡張現実 」というのが何を指しているのかは、現時点で不明ではあるが、これまで私たちが体験してこなかった、なにかを開発しているという事の裏付けではないだろうか。

iPhone8の宣伝文句から読み取る、iPhone8のセールスポイント。

今回はiPhone8の宣伝文句から、セールスポイントを読み解いてみた。

結論から言うと、iPhone7と比較して、目を見開くような進化はない。しかし、あらゆる部分でベースアップがはかられているというのが大きなポイントになるだろう。

あまり進化に興味がない人は、こういうだろう。

「ガラスデザインはケースで見えなくなる。処理速度もiPhone7で十分だ。ワイヤレス充電は別売なので不要だ。カメラはセンサーの有無だけで画素数は変わらない。拡張現実なんて使わないから、iPhone8はパスだな。」と。

ただ、今回記載したのは、机上データでの話という事を付け加えておく必要がある。

実際にiPhone8の美しいガラスボディを目で見て、高い性能を誇る「 A11 Bionic 」チップでパワフルに動き、綺麗な写真を目の当たりにしてみて、その真価を語るべきなのかもしれない。

コメント