NHKの731部隊のスペシャルをみて思った事。

さて、このお盆の時期は戦争関連の番組が多くなってきました。

NHKでは、731部隊の特集をやっていました。

ななさんいちぶたい?

私自身も初めて耳にする部隊名だったのですが、何をしていた部隊かというと。

人体実験・・・

ゾッとする響きですよね。

しかも、731部隊に所属して人体実験を行っていたのは、日本の頭脳である有名大学のエリート医師たちだったというのです。部隊員のリストが画面に表示されたのですが、本当に日本を代表する名だたる大学名と、参加した博士たちの名前が記されていました。

[ad#co-1101]

731部隊は、どんな内容の人体実験を行ったのか??

あまりにも、残酷な内容だったので、だいぶ省略しますが、

・わざと重度の凍傷を負わせて手足を機能させなくする

・殺傷力のある細菌をフルーツに繁殖させて食べさせて感染させて死亡させる

など、書くだけでも具合が悪くなりそうな内容の実験が、実際に行われていたようです。人体実験に被害を受けていたのは中国などの侵略国の捕虜や住民です。反抗的な態度をとったり、スパイなどにも使えないと判断された人たちは、法などは一切関係なく、人体実験に利用されていたそうです。うーん、ここまでだけ見ると、日本はずいぶんと悪行を行っているんだ・・・韓国とか中国で反日感情が根強いのも、ちょっとわかる気がする・・・

でも、戦時下って「やるかやられるか」なので、日本人もシベリアに抑留されりしている。

実際に731部隊に入っていた人が、番組内でコメントしていましたが、

「やるかやられるかの瀬戸際だからやるしかなかった」

「かわいそうだと情けをかける様な表情や態度をすると非国民だと言われる」

など、やはり雰囲気や現場の空気が、いまの平和な時代の感覚とはかなりずれていたのが現実のようです。
人間の行動は環境の係数が必ずかかりますので、ここでどんなに嫌悪感を感じていても、仲間や現場の空気に逆らうような態度や表情ができないのが、通常の感覚ではないでしょうか。

戦後に人体実験を激しく後悔して、自ら命をたった人も

番組の最後に、同じく実験に参加していた人の肉声が流れていました。

細部は完全に思い出せませんが、「激しく後悔している」という事をせつせつと語っていました。

私には82歳の母と、妻と子供がいる。人体実験を激しく後悔している、という言葉の節々から、自分の大切な家族も人間であり、自分が実験で殺してしまった人にも家族がいて、大切な人がいたかもしれないといったようなことを想像させる内容でした。

やはり戦時下でおこなった異常な行動も、自分の気持ちが正常に戻り、正常な思考になった時には、後悔をするものだと感じました。

[ad#co-2]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA