R1、LG21など高機能ヨーグルトのデメリットや副作用について

R1、LG21など高機能ヨーグルトのデメリットや副作用について

ヨーグルトは本当に身体にいいもの?

「食べるだけで身体を強くする」「ピロリ菌が減少」「体脂肪を減らす」など、様々なメリットが声高に叫ばれ、テレビでも雑誌でも、こぞって高機能ヨーグルトが宣伝されています。

私自身も、ヨーグルトを毎日食べていましたが、「美味しいから食べている」だけであって、健康上の効果がどの程度あるのかは全く気にしていませんでした。

今回は、ヨーグルトが自分の身体にはあわなかった経験と判明するまでの経過を書いていきます。

日本人は「乳糖不耐症(腸での乳成分の分解が苦手な人)」が80%!

ヨーグルトは乳製品ですが、実は日本人の消化器は乳成分が苦手なことが分かっています。

例えば、「お腹がゴロゴロする」とか「乳アレルギー」と診断されているという人は、実際に身体に変化が起こっているので、摂取を控えれば良い事はわかります。

しかし、乳製品を摂取した時に、ちょっとした違和感で止まっている人は乳製品との付き合い方を変えることで人生が劇的に良くなる可能性があります。

ヨーグルトを食べることによって、パフォーマンスが低下するのであれば、食べるべきではないと誰しも思うと思います。

ただ、ヨーグルト自体には非がある訳ではなく、「個人の身体」にあうかどうかという点が、最大のポイントです。

自分自身も乳成分を上手く分解できない「乳糖不耐症」だった。

この記事を書くきっかけになった体験談を書きたいと思います。

私はヨーグルト、牛乳、ソフトクリームなど乳製品が大好きでした。お腹を壊したりもしないですし、異常が出るわけでもありません。

学校の給食にも、自宅の食事でも、牛乳がでてきましたがガブガブ飲んでいました。

しかし、大人になってから体調の良くないときに牛乳やヨーグルトを食べると、なんとなく頭がボーッとする頻度が多くなるように感じるようになりました。

原因を探るために、様々な食生活の本を読んでいったところ、「乳成分は注意!」と書かれたいくつかの本を見つけました。

いずれの本も、食生活を徹底的にコントロールして、最高のパフォーマンスを追求する過程が書かれています。

目に見えて体調不良やお腹を壊したりはしないので、実際に牛乳やヨーグルトが原因だと、判断するのに時間はかかりました。

しかし、本を参考に自分の食生活を検証していったところ、どうやら「乳製品」が原因だという事が判明したのです。結果、毎日美味しく食べていたヨーグルトを一度やめてみる事にしました。

コメント