最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

坂本勇人は理想的な○○!珍しく江本孟紀さんがショウアップナイターで褒めちぎる!

2019_07_17_水 18_00-20_00 _ ショウアップナイター ヤクルト×巨人 Part1 _ ニッポン放送 _ radiko - Google Chrome 2019-07-17 19.40.47

2019年7月17日の巨人-ヤクルト戦で放送されているニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた解説者の江本孟紀さんが、4回表に第27号となる同点ソロホームランを放った坂本に対して「野球選手で一番の理想的な身体つき」と鍛え上げられた身体つきを褒めちぎった。

この日はプロの目線で思ったことをしっかり言うのが解説者の仕事だと、エンジン全開で解説をしていたが、坂本の身体つきに関しては手放しで称賛を送った江本氏。

実況の師岡正雄アナウンサーも同調

江本氏の発言に対しては、実況アナウンサーも、地方球場でベンチ裏からレポートをしている時に、アンダーシャツの坂本選手と遭遇した経験談から、「(坂本選手は)身体のラインがとてもしなやか」だと相づちを打っていました。

江本氏いわく、この日に坂本選手が放ったホームランは外の球に対して、うまくスタンドまで運べるのは坂本のしなやかな身体から生まれる柔軟性に起因していると解説。

野球に必要のない筋肉をつける筋肉トレーニングでは過ちであり、坂本選手のように柔らかい無駄な肉が一切ない、理想的な野球選手の一番の体型、身体つきを見習うべきだとしていました。

坂本の後に打席に入った、4番岡本に対しては、「(身体の筋肉などが)大きすぎます、3割くらいそいだほうがいい」とダメ出し。これは「批判ではなく、プロの解説者・評論家としての正しい意見だ」と強調していました。

※坂本の二番出場時のホーム数は二岡に並ぶ球団タイ記録

この日、二番で出場した試合で坂本が放ったホームランは今シーズン21本目。これは2002年の二岡に並ぶタイ記録。二番で出場してあと1本ホームランを打てば、球団新記録となります。

【追記】
記事執筆後の、第3打席でも2打席連発となる今季27ホームランを放った坂本選手は、1シーズンで二番で放ったホームラン数の球団新記録を樹立しました。

画像引用:http://radiko.jp