最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【写真スタジオ】“赤ちゃん撮影無料券”のカラクリ!実際に無料券を使ってみた結果。

※写真はイメージです。

出産後に産婦人科を退院する際、説明のパンフレットなどとともに“写真スタジオの無料券3枚”が退院ギフトの中に入っていました。

スマートフォンで撮影もできますが、やはりスタジオ内の撮影専用機材で、今しかない瞬間をしっかりキレイな写真で残しおくのは貴重だと考えて、スタジオ予約をしてみたのです。

ちなみに、事前情報として親戚や友人から「無料券があっても、鉄の心がないと無料ではおさめることは無理!」という情報を得ていましたので、無料券は使いましたが、ある程度支払うつもりでスタジオ予約をしました。

その体験記を書いていきたいと思います。今後、無料券を使ってスタジオ予約を考えている方の参考になれば幸いです。

まずは結論:無料券でも無料で済ませるのは難しい。

この記事執筆時点でスタジオA、スタジオBと二箇所のスタジオに行って子供の写真を撮影しました。

その結果、スタジオAで5000円、スタジオBで5000円の支払いとなりました。合計1万円のお支払いでした。無料券の文言だけをみると、すべて無料と勘違いしがちですが、無料なのはたくさんのカットの中の一枚のみです。

予約時点から理解はしていましたが、写真スタジオも事業として成立させていくには売上を上げる必要があるので、あの手この手で有料プランを進めてきます。最大の試練は、最後の写真選びの段階ですが、まずは当日の流れを順を追ってご説明します。

スタジオ内の衣装で選びからスタート。

電話予約した当日になり、いざでかけた写真スタジオAでも、写真スタジオBでも、スタジオ内にはたくさんの衣装が陳列されていました。

そして、スタジオ内の壁面には、過去に撮影した子供の写真がずらりと飾られていて、どういうニュアンスの衣装がいいかの参考になります。

どれがいいか迷っているとわりと時間を使ってしまいますので、どういう衣装で撮影したいかをイメージを固めておくことをおすすめします。

なお、衣装選びに迷っていると、スタジオAでも、スタジオBでも、優しそうなスタッフさんが「たくさん選んでいいですよ!」と言ってくれました。

なんて、優しいんだろうと思いがちですが、言われたとおりたくさん選ぶと後から大変になりますので、スタジオ写真に対して、たくさんのお金を支払うつもりがない場合は、衣装は1点で決めるのがおすすめです。

撮影は、二人がかりでノリノリで撮らせてくれる!

写真スタジオでは、衣装を変えたり、背景を変えたり、体勢を変えたりして、とにかくたくさんのカットの写真を撮影してくれます。

撮影中に赤ちゃんが泣いても関係なし!プロ!

赤ちゃんも最初はニコニコしていても、慣れない時間が続くとグズりがちになります。最終的には、号泣モードに突入します。

しかし、写真スタジオのスタッフさんの赤ちゃんのあやし方は手慣れたものです。

唇をプルルルルゥーと震わせたり、唇をあわせてポッ、ポッと音をだしたりして、赤ちゃんの気を紛らわせています。

また、うちわの骨格をこすってジャリジャリと音を出す作業などもおこない、気がつくと、赤ちゃんは音に気をとられて泣き止んでました。

面白かったのは、全く別会社のスタジオAのスタッフのカメラマンも、スタジオBのカメラマンも、まったく同じあやし方をしていた点です。

唇をプルルル、唇をポッポッ、うちわをジャリジャリというのは鉄板ネタなようで、なにか業界のマニュアルなどでもあるのかなと思い、非常に興味深い瞬間でした。

抱っこ休憩をはさみ背景を変えてリスタート。

写真スタジオで赤ちゃんの撮影をする際には、背景を様々かえて撮ってもらうことができます。

無地のカーテン、富士山のような柄、ミッキーマウス、真っ白の綿など、背景を変えることで、写真の個性が浮かび上がります。

また、すこしでもコストを抑えたい方は撮影写真の中にミッキーマウスなどのキャラクターがでてきた場合は要注意です。

ミッキーマウスなど入っていても撮影は無料ですが、ミッキーが写った写真を購入したい場合は、キャラクターの著作権料(1000円/枚)が請求されます。

コストを抑えたい方は、写真を選ぶ段階に入った時に店員さんに確認しておきましょう。

最後の試練、写真選び。

スタジオAでも、スタジオBでも、写真撮影後にどの写真が気に入ったのか選択させてくれます。

基本的には、衣装や背景ごとに4枚から8枚を表示させて、最も気に入ったものを残していく方式です。

そして、選定が終わると最終的に選りすぐりの写真がディスプレイ上に表示されています。そこで、カメラスタジオの店員さんが優しく伝えてくれます。

この写真を全部収めたアルバムなら5万円くらいでできますよ、とか、1万円でデータを買い取ると待受にできますよ、などとにかく誘惑が多いです。

普通のL版なら2000円、2L版なら3000円といった具合です。極め付きは「いま選ばれた写真以外はデータが消えてしまいます!」というセリフです。

つまり、今選ばないと買わないと写真は消えてしまうと宣告されることで、頭の中でカウントダウンが開始して、迷っている時間はあまりありませんでした。

結局、2枚をお買い上げ。

スタジオAでも、スタジオBでも、特に気に入った1枚をサービスで頂き、次に気に入った2枚を有料で購入しました。

さらに、ミッキーマウスと一緒にうつっている写真も表情が良かったので、追加料金を払って購入しました。

ただ、今回は親戚や友人の助言もあったことで最初からある程度流れを理解していたので2枚で収まりましたが、何も知らずに言った場合は、衣装をたくさん着させてもらって、撮影していたと思います。

結果、アルバム購入となりそうな勢いはありました。

写真のクオリティは抜群!

スタジオAでも、スタジオBでも、撮影機材・照明設備などもかなりしっかりしていて、ピントもしっかりあっていますので仕上がりは抜群です。

やはりスマホでは到底真似のできないクオリティの写真ができあがっていました。スタジオのプロ機材はやはりレベルが違います。

まとめ

スタジオ機材で撮影した写真はかなりキレイで、一生モノになりますので行く価値アリです。しかし、友人の言葉通り、鉄の心を持っていないと無料でおさめるのはまず無理といえるでしょう。

撮影には、スタッフの方の時間も手間もかかりますので、無料券だけで帰るのも悪いなという良心の呵責。そして、何よりもここで写真を購入しないと、もう消えてしまうという自分の子供のいい表情を残したいという気持ち。

そして、店舗スタッフの笑顔。そういった点から、総合的に考えて完全に無料で済ませるのは無理だと考えます。

まぁ、いい写真であればお金を払ってもいいと思っていたので、最終的には大満足の写真撮影体験でした。