最高のBlu-rayコピーソフト!

iOS14の時計ウィジェットがずれる!→結論、システムのバグが原因!

iOS14時計のウィジェットの時間が狂う原因と対処方法

iOS14へのアップデート後に使用できるようになるウィジェット機能ですが、純正の「時計」をウィジェットに張り付けると、ウィジェットの時計の針がずれる不具合が報告されています。

ウィジェットの時計がずれる・動かない

ウィジェットの時計がズレる・動かない

上記の画像でも確認できますが、iOS14から利用できるウィジェットの時計の針が本来の位置からかなりズレています。

設定アイコンをタップして直す方法を探したり、ウィジェット設定からズレを直す方法がないか、探している方も多いと思います。

しかし、残念ながら設定ではウィジェットの時計のずれは直りません。

ウィジェットの時計がズレる・動かない1

ウィジェットの時計がズレる・動かない2

上記のように

  • 左上の編集ボタンは都市の削除
  • 右上の+ボタンは都市の追加

といったかたちでアナログ時計の針を設定し直すとういう項目は存在しません。

結論、設定から時計のずれを修正することはできません。

時計がずれるのはiOS14側の不具合

時計がずれるのはiOS14側の不具合

今回のウィジェットの時計がズレるという事象については、Appleのプログラムの不具合です。

個人ユーザーの端末レベルの不具合ではありませんので、故障ではないかと心配して調べた方も多いと思いますが、なんの心配もいりません。

iPhoneのウィジェットはiOS14で、史上初めて、新しく試されたものです。

Appleのよくある事例ですが、新しいものを試すときは、小さなものから・大きなものまでなんらかの不具合は発生します。

ちなみに純正のマップをゼンリン社から切り離して、完全自社製にした時にも、海の上を車が走れるなど、多くの不具合が報告されてきました。

待望のウィジェット機能ですが、やはり・・・

これまで、iPhoneとAndroidの差を語るうえで、必ず話題に上っていたのが「ウィジェット」機能の利便性です。

iPhoneの場合は、タイルアイコンがホーム画面に並んでいるため、アプリをタップをするまでは基本的に中身は確認できませんでした。

一応、通知バーなどで「ウィジェット」のようなことはできましたが、通知欄までアクセスする必要があり、利便性はよくありませんでした。

しかし、ウィジェット機能が実装されたことで、アプリをワンタップしなくても、ある程度のアプリの内容は確認できるようになります。

アプリが自動で開いた状態のウィジェットにアクセスできるため利便性は大きく向上します。

最大の対策は、修正版のアップデートiOS14.2を待つ

最大の対策は、修正版のアップデートiOS14.1を待つ

Appleのプログラムレベルの不具合ですので、公式な修正版のアップデートを待つしかありません。

残念ながら、個人レベルでできることはありません。

おそらく、今後数週間以内のうちに時計のウィジェットのずれの修正を含めて、バグ修正版のiOS14.1、もしくはiOS14.0.1などがリリースされるのは確実です。

時間を確認する場合には、ウィジェットアイコンで確認せずに、時計や別の表示欄で確認するなど、ウィジェットでのアナログ時計表示はあてにせず、生活するようにしましょう。

まとめ

  • iOS14のウィジェットの時計がずれる・動かないのはプログラムの問題。
  • ウィジェット時計のずれは、端末レベルの不具合ではないので、対策はアップデートを待つのみ。
  • ウィジェットの時計表示はしばらく使わないのが正解!デジタル時計を利用しましょう。