最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

iPhoneのスローモーション動画を元に戻す方法【編集して通常速度で再生する手順】

iPhoneslowmotion-modosu79

iPhoneで撮影した動画がなぜかスローモーションになってしまっている場合、もとの通常速度に戻す方法を書いていきます。

iPhoneのスローモーション動画を元に戻す方法

デフォルトの写真アプリから、該当のスロー動画を開いて、右上の編集ボタンを押します。

編集ボタンをおすと、タイムラインが画面に出現します。

タイムラインは、均等の線が並んでいますが、スローモーションになっている部分のみ、線の感覚がひろく配置されています。


編集ボタンをおすと、タイムラインが画面に出現します。

タイムラインは、均等の線が並んでいますが、スローモーションになっている部分のみ、線の感覚がひろく配置されています。

そして、スロー再生エリアの両端には、少し長めの線で区切られています。

スロー再生エリアを示す、両端のつまみを操作することによって、スロー再生エリアを拡大・縮小・変更することができます。

iPhoneslowmotion-modosu6

今回は、スロー再生エリアをなくする操作なので、左側のツマミをタップしたまま、スロー再生エリアを塗りつぶしていきます。

線の感覚が広い部分がなくなると、スロー再生エリアがなくなり、通常速度での再生が可能となります。

なお、つまみ操作をしてスローモーションを解除した動画でも、音声までしっかり再生ができますので、普通の動画として閲覧することができるようになります。

なお、つまみを操作してスロー再生部分をなくした場合でも、つまみ部分を操作することで、あとから再度スロー再生部分を復活させることができます。

もともとの動画自体が変質するわけではありませんので、安心してスロー部分の編集をすることができます。

スロー部分の編集ができるのは、スローモードでの撮影時のみ

今回は、つまみの操作をして、間違えてスローモーションで動画撮影してしまった場合に、スロー再生エリアをなくする方法を紹介しました。

しかし、通常モードで撮影した動画には、スローモーションを編集するタイムラインは表示されません。

スローモーションモードで撮影した動画は、通常モードにできますが、通常モードで撮影した動画は、後からスローモーションにはできません。

すこしでもスローモーションで見たい部分が出てきそうな動画は、スロー撮影してみてもいいかもしれません。

なぜ、動画はスローモーションモードで録画されているのか

iPhoneで撮影した動画が、スローモーションになっているのは「スロー」が選択されているためです。

カメラアイコンをタップして、起動後に、各種撮影モードを選択することができます。

画面の下部に、スロー/ビデオ/写真/ポートレートと、撮影モードを選択する箇所がありますので、適切なモードを選択して、撮影するようにしましょう。