最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【人気の手帳型】スマホケース選び方のコツ、注意点など

スマホには必須と言っていいスマホケース

スマホを購入した時にはセットで購入しておきたいスマホケース。汚れを防止するだけでなく、スマホケースをつけておくメリットが多くあります。

今回はどういったスマホケースがおすすめなのかをまとめてみたいと思います。

スマホケースをつけるべきメリット

スマホケースをつける理由として最も多いのが、「画面割れ・破損の防止・傷汚れの防止」ではないでしょうか?

最近のスマホは、ディスプレイのガラス強度が強いといわれているものも多くありますが、どんなに強度を高めてもガラス製。固いコンクリートに角から落としてしまうと、どんなに強度が強くても破損してしまうものがほとんどです。

日常生活にはさまざまな場面がありますので、どんなに気を付けていても、間違って落下させてしまうことがあると思います。

万が一の、備えとしてケースをつけておくと破損の予防に役立ってくれることは間違いありません。

おすすめのスマホケース

私がおすすめしたいのは「手帳型」のケースです。

ケースを閉じたときに、スマホのディスプレイを覆ってくれるので、ラインやメール、着信が届いたときにのぞき込まれても、ケースを開かない限り見られることはありません。

また、手帳型のケースで特筆すべきはその保護力です。バッグの中にスマホを入れている場合でも、スマホケースがディスプレイを守ってくれるため、例えばバッグの中でカギなどがディスプレイにあたっても、傷がつくことはありません。

[amazonjs asin=”B01M34CHGL” locale=”JP” title=”本格デニム iPhone7 / iPhone8 兼用 手帳型アイフォンケース”] [amazonjs asin=”B0757KS2SM” locale=”JP” title=”iPhone8 ケース 手帳型 iPhone7ケース Rssviss アイフォン7 ケース iPhone 8 ケース マグネット W3 レッド【4.7inch】”]

手帳型ケースのデメリットは?

保護能力が高く、ディスプレイのプライバシー保護も果たしてくれるスマホケースですが、デメリットもあります。

それは、保護ケースの厚み。通常のバンパーケースと比較すると、画面を閉じる蓋の分だけ厚みが増します。ポケットなどにスマートに入れて歩きたい人や、厚みが気になる人は、避けたほうがいいかもしれません。

最近ではディスプレイが大きくなる傾向にあり、ディスプレイの大型化傾向と比例して本体も大きくなっています。各メーカー、薄型化の努力はされていますが、やはりサイズ感は大きくならざるを得ません。例えば、iPhone Plusシリーズはただでさえ本体が大きいので、そこに全体を覆うスマホカバーをつけると、ポケットには入れられないくらいのサイズなりますので、ポケットに入れて歩きたい人は注意が必要かもしれません。