最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

[ なんでいきなり? ] iPhoneの電池が一気に減る謎、ついに解明。

iphone-denchi-kyuuniheru-1per

iPhoneの電池が一気に減る。いきなり減るのはなんの異常?

iPhoneを長く使用していると、バッテリーの減りが早くなってきます。

これは、iPhoneでも使用しているリチウムイオン電池が消耗品であるために生じるものです。使用している環境などにより異なりますが、一般的に500回~800回の充電で本来の80%程度の容量しか充電ができなくなります。

例えば、新品の時には100%から0%になるまで24時間使用できていたiPhoneが、ダメージが蓄積されバッテリーの劣化が進むと19時間程度しか使用できなくなるという計算となります。

19時間使用できればまだ良いのですが、長期に渡りiPhoneを使用していると、バッテリーの減りが異常に早くなり、80%あったものがいきなり1%になったり、75%から動かず急に電池が落ちたり、常識的ではない減り方や挙動をすることが多く報告されています。

そこで今回は、iPhoneのバッテリーについて詳しく書いていきたいと思います。

急にiPhoneの充電が減るようになったんだ。
故障かなぁ?。

iPhoneのバッテリーは消耗品なのはご存知でしたか?。

iPhoneのバッテリーがいきなりが減る原因は?

iPhoneのバッテリーが急に減るようになる原因は「バッテリーの酷使」が原因です。

心当たりはありませんか?
・使っていないときはいつでも充電している。
・充電がなくなったのでバッテリーをつなぎながらゲームをしている。
・気温が高い環境のなかで本体が熱いのに連続使用している。
・寝る前につなぎっぱなしで寝ている。
・熱がこもるケースを使用している。

iPhoneに搭載されているバッテリーは充電や熱などにより劣化する性質があり、気づかないうちにじわじわと消耗していきます。

そして、日々のダメージはリチウムイオンバッテリーに蓄積され、一定のダメージが蓄積されると、最後にバッテリーの減り方に異常をきたすようになります。

「バッテリーが一気に減る。いきなり1ケタの充電残量になる。減りが異常に早い。」など、通常ではありえないバッテリー推移をしている場合は、電池に異常がある可能性が高く、最後はまともに使えないという状態に陥ってしまいます。

そして、残念ながら、一度蓄積したダメージは、二度と通常の性能に戻ることはありません。

できることは、それ以上バッテリーを傷めないよう優しく使っていくことだけです。それでは根本解決のためには、どうすればいいのか、次の章に書いていきたいと思います。

寝る前につないで寝てたよ!
みんなそうなんじゃないの?。

過充電はバッテリーを傷めてしまう原因となります。

iPhoneの最大バッテリー容量に余裕がある場合、設定見直しで電池減りが改善する可能性あり。

Phoneの電池の減りが早くなってきたのは感じつつも、急に1%になったり、電池残量が乱高下したりしていない場合は、本体の設定を工夫することで、電池の寿命を延ばせます。

iPhoneを使って簡単にできる具体的な設定について書いていきます。

使っていないアプリは消す

なんとなくインストールしたアプリでもバックグラウンド通信を行っている場合が多いです。iPhoneに余計な動作をさせないことが、省エネには大切です。
ディスプレイの自動消灯時間を少し短めにしてみる、
IPhoneの電池を消耗する動作の代表格は、ディスプレイを光らせるという行為です。ディスプレイの設定明度が高いほど、消耗する電池量も多くなります。

バックグラウンドで動いているアプリは停止させる

アプリを完全終了さないままホーム画面に戻った場合、アプリはスマホのバックグラウンドで起動したままの状態です。わずかながら、バッテリー消耗の原因となってしまいますので、不要なアプリはバックグラウンド起動も終了させるようにしましょう。

GPSはOFFにする

最近では写真に撮影地とともに記録したり、Googleの検索結果で現在地を反映させたり、マップで現在地を使用するなど、GPS信号を使うアプリも充実しています。設定、プライバシーのところで、ON/OFF設定は可能ですので、不要な場合はOFFにしておきましょう。

Wi-Fiは使っていないときはOFFにする

Wi-Fiも使っていないときはOFFにしておくことで、iPhoneの負担を減らすことができます。目に見えての違いはありませんが、少しでも使用する動作数は少ないに越したことはありません。

BluetoothはOFFにする

BluetoothをOFFにすると、AirDropや関連機器が使用できなくなります。しかし、その必要性がない場合は、BluetoothをOFFにすることでわずかでも、iPhoneの負担を減らすことができるようになります。

低電力モードを活用する。

iPhoneでは低電力モードを活用することで、特に必要ない通知はOFFになったり、バックグラウンド通信を制限するモードが存在します。上記の設定を個別に行うのが面倒な場合は、設定→バッテリー→低電力モードをONにすることで、一括で省エネ設定にしてくれる優れものの機能となっています。

バッテリーを消耗している原因を突き止める
iPhoneでは、設定→バッテリーと進んでいくと、どのアプリに何パーセントの電池を使用したかという履歴を確認することができます。もし、ひとつのアプリに極端に電池を消耗している場合には、該当アプリの起動時間を短くしたりすることで解決できるかもしれません。

iPhoneのバッテリーがいきなりが減るときの根本的な対策(解決策)は?

iPhoneの電池がいきなり減る、一気に減るなど異常を感じている場合の、根本的な解決策は「機種変更」「バッテリー交換」です。

とても残念ですが、一度、ダメージが蓄積されたバッテリーは、バッテリーに異常が出てから優しく使用しても、元の性能に戻る可能性はありません。

バッテリー交換の場合は、Appleのコールセンターに電話をして見積もり依頼をかけてみるのもよいでしょう。

Apple純正ではないバッテリー使用には注意

街のiPhone修理屋さんに依頼する方法もありますが、Appleの修理センター以外でiPhoneを分解してしまうと2度とメーカー修理は受けられなくなります。

また、街の修理屋さんの場合は、使用する部品も純正品ではない可能性が高く、最近では、純正品以外のバッテリーを装着すると動作しなくなる事例もありますので、Appleの正規ルート以外で作業をお願いする場合は注意が必要です。

そして、バッテリー交換以外の解決策は端末のローンが残っていなければ、新しい機種への変更も視野にいれて考えてみるとよいでしょう。

バッテリーに異常がでているというのは長く使っている方も多いと思うので、契約しているキャリアの携帯ショップで見積りを出してみましょう。

愛着のある機種だとは思いますが、電池がもたないのは致命的なことですので、まったく電源が入らなくなりデータを飛ばしてしまう前に、バッテリー交換や機種変更などを決断をするのが最善策と言えます。

修理か機種変更かぁ。気に入ってたんだけどなぁ。
バッテリーは自然には直らないのね。。

バッテリー交換と機種変更の値段を比較してみましょう。

新しいバッテリーになった時の注意点

ここからは、iPhoneのバッテリーが新しくなった場合、すこしでも長持ちさせるために気を付けたい事について書いていきます。

iPhone使用で最も気をつけたいのは「温度」です。

リチウムイオンバッテリーは、熱には極めて弱く、appleの公式ホームページで紹介しているバッテリーの最適温度は16℃~22℃とされています。

なお、35℃を超える周囲温度には、バッテリーに修復不可能な損傷を与えてしまう可能性が高いので、注意が必要です。

真夏にエアコンのきいていない車の中に長時間置いたり、ポケットにいれて持ち歩いたり、
ストーブの風が直接あたる場所に置いたりと、外部の高い気温にさらさないように注意しましょう。

また、気温が極端に低い場合にもバッテリーの駆動時間が短くなる場合が報告されていますが、この状態は一時的なもので通常温度にもどると性能は回復します。

充電したままゲームをしたりするのもバッテリーを傷めてしまいますので、なるべく優しくバッテリーをいたわりながら使うことで、末永く性能を発揮してくれます。

寒い日にバッテリーが変なのは気にしなくていいんだね。
夏は注意しないとね。

一度バッテリーに与えたダメージは蓄積されていきます。。

長期保管の注意点

iPhoneの使用をお休みする時には電源を切って保管することになりますが、電源を切る前には50%前後で維持するように心がけましょう。そして、湿気のない32℃以下の環境で保管することが推奨されています。

バッテリーを使い切った状態で保存してしまうと、重放電という状態になり、バッテリーが性能を保てなくなる恐れがあります。

また、完全充電の場合は、駆動時間の短縮につながる恐れがあります。

人間と同様ですが、iPhoneを長期間寝かせるときは、お腹がすきすぎて寝ても良くないし、お腹いっぱいでも良くありません。長期保管の場合は、腹八分ならぬ腹五分目を心掛けましょう。

そして6か月以上にわたる長期間の保管の場合は、50%前後の水準で保たれているか3カ月~6ヶ月に一回程度チェックをしましょう。

まとめ

iPhoneの電池の異常な減り方、急に1%になる理由は、消耗しすぎたことによりiPhone本体が正しくバッテリー残量を把握できなくなっている事が原因です。

・寝るときに充電しながら寝ない(過充電の予防)。
・充電しながら操作しない(過熱の予防)。
・熱がこもるケースは使用しない(過熱の予防)。
・充電の減るアプリや機能はなるべくオフにする(エコ)。

なるべく長持ちさせたいから気を付けてみるよ!
電池長持ちさせたいものね。

バッテリーに優しく使ってくださいね。