[ なんでいきなり? ] iPhoneの電池が一気に減る謎、ついに解明。




iPhone




iPhoneの電池が一気に減る。いきなり減るのはなんの異常?。

iPhoneを長く使用していると、バッテリーの減りが早くなってきます。

これは、iPhoneでも使用しているリチウムイオン電池が消耗品であるために生じるものです。使用している環境などにより異なりますが、一般的に500回~800回の充電で本来の80%程度しか充電ができなくなります。

例えば、新品の時には100%から0%になるまで24時間使用できていたiPhoneが、バッテリーが消耗し傷んでくると19.2時間しか使用できなくなるという計算となります。

19.2時間使用できればまだマシなのですが、使用期間がある程度長くなってくるとバッテリーの減りが異常に早くなり、80%あったものがいきなり1%になったり、75%から動かず急に電池が落ちたり、常識的ではない減り方や挙動をすることが多く報告されています。

今回はiPhoneのバッテリーについて書いていきたいと思います。

急にiPhoneの充電が減るようになったんだ。

 

故障かなぁ?。

 

iPhoneのバッテリーは消耗品なのはご存知でしたか?。

 

iPhoneのバッテリーがいきなりが減る原因は?

iPhoneのバッテリーが急に減るようになる原因は「バッテリーの酷使」が原因です。

心当たりはありませんか?

・使っていないときはいつでも充電している。
・充電がなくなったのでバッテリーをつなぎながらゲームをしている。
・気温が高い環境のなかで本体が熱いのに連続使用している。
・寝る前につなぎっぱなしで寝ている。
・熱がこもるケースを使用している。

バッテリーは電気部品の為、とにかく熱に弱くコンディションが悪い時のダメージは確実にバッテリーにじわじわとダメージを与えていきます。

そして、日々のダメージはリチウムイオンバッテリーに蓄積され、一定のダメージが蓄積されると、最後にバッテリーの減り方に異常を感じるようになります。

バッテリーが一気に減る。いきなり1ケタの%になる。減りが異常に早い。など、通常ではない挙動をしている場合は、電池に異常をきたしている可能性が高く、最後はまともに使えないという状態に陥ってしまいます。

残念ながら、一度蓄積したダメージは、二度ともとの性能値に戻ることはありません。

できることは、それ以上バッテリーを傷めないよう優しく使っていくことだけです。それでは根本解決のためには、どうすればいいのか、次の章に書いていきたいと思います。

寝る前につないで寝てたよ!

 

みんなそうなんじゃないの?。

 

過充電はバッテリーを傷めてしまう原因となります。