最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

アイ・オー製27インチWQHDモニターに買い替えた感想、4Kを選択しなかった理由など

この記事のターゲット
・27インチモニターの購入を検討している
・27インチ、4K・WQHD・フルHDのどれがいいか迷っている
・27インチモニターの使用感を知りたい

日頃使っているモニターが手狭になってきたので、24インチのフルHDモニターから、27インチのモニターに買い換えをしました。

大きさを27インチモニターにした理由

私が、27インチモニターにした最大の理由は、デスクに置くスペース面・作業を行う上で、ちょうど良い大きさだったからです。

もともと24インチでしたが、購入の際は27インチor32インチの二択でした。

しかし、32インチは物理的に大きくなりすぎてしまいます。

32インチモニターをデスクに置いて、狭いと思いながら使うくらいなら、27インチにして、隣に別のモニターを置き、デュアルディスプレイ形式にしたほうが、生産性も良くなると判断しました。

また、過去に32インチのテレビをパソコンのディスプレイとして、テストした事もあったのですが、画面の大きさの割に、座る距離が近すぎることで、眼も疲れて・肩コリが酷かった経験がありました。

32インチは、物理的に大きすぎるので選択せず。

32インチは、リビングで楽しむ、液晶テレビとして丁度いい大きさだと思っています。

ディスプレイの近くに椅子を置いて、近距離で行う、キーボードやマウスで操作をおこなう、パソコンディスプレイとして32インチは、大きすぎる・・・。

以上のことから、今回、「24インチが手狭なので大型化したい!」ということでディスプレイを探し始めましたが、必然的に27インチ前後ということで探し始めました。

27インチの場合、4K・WQHD、どっちがいいのか?

大きさは27インチに決めましたが、次に重要なのが画面のドットの密度を示す解像度です。

画面上のディスプレイの解像度が高いほど、精密な表示が可能となります。

そこで、現状解像度が高いのが4Kディスプレイですが、実は4Kディスプレイはメリットだけではありませんでした。

4Kモニターは文字が小さすぎる

4K時代が到来したことで、PCモニターにも4Kディスプレイがもてはやされていますが、27インチの大きさで4Kモニターは、解像度が高すぎて、表示される文字が小さくなってしまうのが難点です。

4Kモニターとは、横の解像度が3840pixelであることから、四捨五入すると4000Pixelになります。そこに、1000を表す単位であるK(キロ)がついて、4Kモニターと言われています。

現状のウェブブラウジング・ソフトは4Kモニター用にはできていない。

購入する前には、近所の家電店などでたくさんのディスプレイを下見しましたが、Wordや各種ウェブサイトも、4Kの半分以下の解像度であるフルHDモニター(1920pixel)の画面に出力したときにちょうど良い仕様にできています。

つまり、フルHD用に1920Pixelで制作されているものを、4Kモニター3840Pixelのモニターに投影させると、画面の半分以下程度しか埋まりません。

仮に、フルHD用に制作された画面を4Kでフルで表示させると、自動で拡大にはならず、フルHDサイズで止まりますので、とにかく文字が小さくなります。

拡大表示をさせるなら4Kの意味がない

そこで、文字が小さすぎるという難点を解決するために、スケーリングといって拡大表示を行うことで、見やすい文字の大きさまで引き上げることができるのですが、スケーリングをすると画面の視野領域が狭くなり、結局4Kモニターを購入した意味がなくなってしまうのです。

4Kモニターの表示領域があっても、余してしまうくらいなら、4Kでなくてもいいと想うのは必然です。

そこで、4K未満、フルHD以上という事で、WQHDモニターというものを選択しました。

27インチWQHDモニターにした結果

27インチのWQHDモニターした結果ですが、大満足です!!

一部では、WQHDモニターは、4Kほど密度がなく、中途半端だと言われていますが、明らかにフルHDよりも文字が滑らかですし、表示領域もインチアップした以上に解像度がアップした影響で、表示領域が格段にアップしました。

また、4Kほどアイコンや文字が小さくなりませんので、27インチ×WQHDは最も最強の組み合わせだと思っています。