【iPhone】AirDrop(エアドロップ)ができない、送れない・失敗する時の対処方法 | yutalog

【iPhone】AirDrop(エアドロップ)ができない、送れない・失敗する時の対処方法

Airdrop(エアドロップ)できないという事例が増えています。

iPhoneでエアドロップの送信・受信ができない場合の対処方法についてまとめました。

基本的な設定などが原因で動作しない場合もありますので、基本的な部分からカンタンに説明しています。

「共有相手がみつかりません(接続可能な相手が近くにいません)」という事象

共有相手がみつかりません(接続可能な相手が近くにいません)

Airdropが出来ない場合に一番多いのが、「共有相手がみつかりません(接続可能な相手が近くにいません)」と表示されてしまうという事例です。
 
いままで問題なくAirdropでの送信ができていたのに、急にメッセージが表示されるようになったという事例が報告されています。
 
「共有相手がみつかりません(接続可能な相手が近くにいません)」と表示された場合、見直すべきポイントについてまとめています。
 
なお、Airdropは、送る側だけでなく、受け取る側でも、設定が必要なので下記の手順に沿ってひとつずつ確認していきましょう。
 

エアドロップの基本設定(送信側・受信側共通)

  1. 設定アイコンをタップします
  2. 「Bluetooth」をタップします
  3. 「Bluetooth」をONにします。
 
エアドロップは、Bluetoothを活用した技術なので、この手順は必須です。
 
エアドロップが失敗するという場合、BluetoothがONになっていなかっただけという事例もありますので、もしAirDropで送れない時には一番最初にチェックしましょう。
 
AndroidでAirdropはできない

エアドロップはiPhoneやiPad、MacなどApple機器のみがつかえる技術です。

Androidでは、エアドロップで写真データを送ることも、受けとることもできませんので注意が必要です。

 

エアドロップの送り方

エアドロップの送り方はとても簡単です。

  1. エアドロップで送信したい写真データを表示させる
  2. 画面左下にある上向きの矢印をタップします
  3. AirDropのマークをタップします。
  4. iPhoneの端末名が表示されるのでターゲットをタップして送信

エアドロップの有効距離・範囲とは

AirDropは、Bluetooth技術を活用しています。

従って、AirDropはBluetoothの有効距離である10メートル以上離れたiPhoneには送信できません。

AirDropでの送信ができない場合、失敗する場合には送信したいターゲット端末が適正な範囲内にいるかも確認しましょう。

エアドロップの受け取り方(受信側の設定)

エアドロップが失敗する場合の設定方法(やり方)

1、エアドロップの権限設定を見直す

  1. 設定アイコンをタップします。
  2. 一般をタップします
  3. AirDropをタップします
  4. すべての人にチェックが入っているかを確認します
 
この方法にすることで、近くのすべてのiPhone端末からのAirDrop受信が可能となります。
 
AirDropが使えない場合、つながらない場合は、この権限設定が影響していることが多いので、一度試してみましょう。
 

受け取りが完了したら連絡先のみに戻すのがおすすめ

なお、AirDrop設定で「すべての人」にチェックをしている場合、連絡先以外のすべての人から写真などが受け取れる状態です。
 
もし、すべての人のままにした場合、近くにいる第三者がAirDropの送信画面を起動しただけで、送信対象として自分のiPhoneの端末名称が表示されてしまう状態になっています。
 
つい先日、電車内においてAirDropを利用したイタズラが話題となってこともありましたので、使い終わったら、連絡先のみなどに戻しておくのがおすすめです。
 
また、知らない人からデータを送られた場合でも、AirDropを受け取らず拒否ボタンを押して対処しましょう。
 

設定はすべてあっているのにAirdropができない場合

BluetoothがONになっている、エアドロップの適切な距離にいる、権限設定もすべてあっているのに、エアドロップが出来ない場合には以下の手順を試してみましょう。
 
1、ソフトウェアアップデート

iPhoneのOSが古い場合には、エアドロップが適切な動作をしない場合があります。

もし、最新OSにアップデートをしていない場合には、設定→一般→ソフトウェアアップデートから、バージョンを最新のものに変えて試してみましょう。
 

2、電源を切って再起動

Airdropが表示されない場合、端末のキャッシュデータなどが影響している場合があります。

再起動をすることで、症状が改善するケースもありますので、iPhoneの電源を入れなおしてみましょう。
 

3、SIMカードを抜き差し

エアドロップが適切に動作しない場合には、SIMカードの抜き差しで改善することもあります。上記の電源を落とす際には、SIMカードの抜き差しもワンセットでおこなってみることをおすすめします。
 

すべておこなってもAirdropがまだ使えない場合

ここまで紹介した手順をすべて行ってもエアドロップが使えない場合は、下記のネットワーク設定のリセットを試してみましょう。
 
「ネットワーク設定をリセット」でリセットされる項目は、Bluetoothの登録機器(ペアリング情報)、Wi-Fiのパスワード、VPN設定、モバイルデータ通信など、ネットワーク関連の設定項目です。

 
なお、写真・アプリ・連絡先などの、コンテンツデータには一切影響がありません。
 

エアドロップが使えない場合の対処方法(最終手段)

  1. 設定アイコンをタップします。
  2. 一般をタップします
  3. リセットをタップします。
  4. ネットワーク設定をリセットをタップします。
  5. リンゴのマークがでて再起動します。
 
「ネットワーク設定をリセット」を行うと、Wi-Fiのパスワードの再入力、Bluetooth機器との再ペアリングなどは必要になりますので、必要に応じて行っていきましょう。

注意
「ネットワーク設定をリセット」ではなく「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択して、タップを進めていくと端末が初期化されてしまいますので、慎重な操作が必要です。
 

ここまでの手順をすべて行っても、まだエアドロップが出来ない場合には、もう一度だけ最初のBluetoothON/OFFの手順までもどって、ネットワーク設定を二回行ってみましょう。

1巡目でもまだエアドロップができなくても、2巡目でエアドロップが成功する事例もあります。

まとめ

ここまでの手順をすべて行っても、エアドロップが使えない場合には、故障の可能性が考えられます。

Appleのコールセンターに連絡して対応策を相談してみましょう。

以上、Airdrop(エアドロップ)が出来ない場合の対処方法でした。