もし、ナスDの黒さがやらせの加工CGだったとするならば! 検証してみる。

ナスDの黒さはやらせの加工CGだったとするならば!

陸海空こんな時間に地球制服するなんてで大人気のディレクター友寄Dこと元ナスD。

肌が黒い方が絶対バズる(流行)するという事で「CG発注していた」という記事がでていました。

「ウィト」という現地では刺繍やタトゥーに使われるという果実を「美容にいい」と聞かされ、美白の為に全身に塗ったところ、顔面をふくめて全身真っ黒になってしまったナスD。

ナスDになってからのテーマ曲にはラッツ&スターの「めぐみの人」が使われるようになりました。

ラッツ&スターも黒塗りがポイントという共通点からテーマ曲として採用されたようです。

ナスDが顔に塗って黒くなったウィトは日常生活では本当にとれないのか?

ウィトは現地の人は刺青(タトゥー)などにも使用されるとても強い染料のようです。

塗った時は、なんの変化もなかったのですが、時間がたつにつれて肌が徐々にウィトの実によって黒く染まっていき、ついには顔も真っ黒になっていきました。

黒くなった肌を見て「血が出るまで洗おう」と言って、湖や泥水などで強くこする映像が流されましたが、ウィトは全く落ちません。

とても強い染料で、そんなレベルで落ちる訳はありません。

ウィトを教えてくれた人に落とし方を聞きますが、そんなにたっぷり塗った人はいないよ。と、現地の人もウィトの落とし方を知らない様子で、打つ手がない状態となり、そのままで過ごすことになりました。

本当にナスDのCG加工はあったのか?

雑誌やネット記事でたびたび報じられているナスDのCG加工説の真偽は?

雑誌やネット記事にはナスDがヘンリー号に乗る前には、染料が落ちていて、CGを制作会社に発注していて経費がかかって大変だ。証拠のメールはすべて消去しているとの記事がでていました。

人気を出すために黒い肌を維持しているようにCGで加工して見せていたという事です。

もしナスDがCG加工しているとするならば?肌の補正ではないか。

ナスDは番組でたびたび「美容は大事だ」「美容ありがてぇ」など美意識の高さを見せています。

この説は、勝手に筆者が考えたことなので、あくまで推測の域をでませんが、もし記事の内容通りCGを発注しているとすれば、ウィトの実が顔から剥がれてボロボロになった肌を視聴者に見せない為に加工しているという説です。

最近は放送についての苦情などで、番組の評判も左右されます。

視聴者が不快感を感じるほどの、肌のボロボロは隠しておいたほうがいいと思うのが自然です。つまり、黒くて人気がでるからCG加工という事ではなく、ボロボロの肌を見せて不快感を与えない為に補正しているという事であれば、現地の人に漂白剤で染料をおとしてもらった放送回ともうまく繋がっていきます。

証拠写真として、ヘンリー号に乗る前には色が元に戻っていたという写真がありましたが、肌が新陳代謝によって黒い部分が浮いてきてボロボロになっていました。男性芸能人ですら、ドーランなどをぬって綺麗に見える様にしているテレビ界で、新陳代謝によってボロボロになった肌を隠そうとするのはごく自然な考え方だと思われます。

10月14日放送回でシピボ族の人に漂白剤で一生懸命落としてもらっていたという事から、ウィトの実がすべて剥がれてもとにもどっていたという事は、なかなか考えづらいです。

人気を出すために黒い肌をすべて加工していなかったという根拠についてはこちらの記事をご覧ください。

ナスDの黒さはやらせの加工CGじゃなかった! 検証してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。