ナスDの黒さはやらせの加工CGじゃなかった! 検証してみる。

陸海空 こんな時間に地球征服するなんての部族アース

陸海空 こんな時間に地球征服するなんての部族アースというコーナーで人気急上昇中のナスD。人気の秘訣は超プラス思考で破天荒な彼の性格。

友寄Dは、アマゾンの現地で美容に良いと聞いた「ウィト」という染料を美白の為に全身に塗りたくったところ、全身が真っ黒になってしまいました。

肌が野菜のナス色になってしまったことから、ナス色のディレクター通称「ナスD」と呼ばれ始めました。

ナスDの黒さはやらせの加工CGじゃなかった! 検証してみる。

以前に、ナスDはもう黒くなく、色が黒いほうが人気がでるのでCGで黒く加工して放送しているという記事が出ていました。添付写真には、これが証拠だという写真まで掲載されて、世の中の人はそうだったのか!と裏切られたという声を多く目にしたものです。

そんな記事に対する正確な部分がわからないまま2ヶ月程度経過しました。

そして、10月14日放送の陸海空では、ナスDの黒い肌を見るに見かねた、現地の人が「肌の色を落とす方法」を知っているという事で、実際に漂白剤の入った洗面器に顔や手をつっこんで、現地の人にタオルでこすってもらって着色料を落としていく映像が流されていました。

記事が正しかったのであれば、肌の色をおとすという話の流れにはならないはずです。

ナスDの肌の色は、実際はどうだったのか?

記事はなんだったのか?

そこで疑問が生まれます。

もし、記事の内容通り、すでにナスDの肌の色がとれていてCGによって加工されたものだとしたら、現地の人が肌をこする映像や、ウィトという着色料で染まった肌の色が落ちていく映像も加工しなければなりません。

また、記事の内容通りすでに肌の色が落ちていると仮定した場合は、現地のシピボ部族の人達も巻き込んで一芝居をうたなければなりません。現地の人から見て見知らぬ東洋人が、子供を含めた多くの現地の人をすべて説得し、芝居に巻き込めるかどうかを考えると現実的にかなり難しいでしょう。

シピボ部族の人たちは、ナスDの肌の黒い部分をタオルなどで一生懸命こすっていましたし、子供達のギャラリーも徐々に色が落ちていく様子を食いるように見つめていました。

もし仮に、肌の色が落ちて元に戻っていたとするならば、すでに黒くない肌を一生懸命こすり、少しずつ元に戻っていく様子すらもすべてCGを利用しなければならず、そんな大がかりな手のかかる作業をするとは、中々考えられません。

そして、肌の色が落ちた後のナスD自身のリアクションや、現地の人の驚きの表情や熱気にも生のリアリティ感があり、あのシーン全てが芝居だったとするには、かなり無理があるというのが正直なところです。

コメント