大きい iPad Pro 12.9inch は買いなのか??




iPad




大きい iPad Proは買いなのか??

大型のiPad Proを購入してから2年が経過しました。

これから大きいiPadの購入を検討している人の参考になるように、実際に長く使用した感想を書いていきたいと思います。

ディスプレイの大きさ、綺麗さは最大の武器である。

大型iPad Proの大きさは12.9inchです。

通常の慣れ親しんでいる一般的なiPadの大きさは9.7inchです。つまり、通常のiPadよりも3.2inchも大きいことになります。実際の体感値としては、数値で感じるインチ数よりも更に大きい印象です。

大型化していてもretinaディスプレイが搭載されている為、色彩も鮮やかで、期待通りのディスプレイ品質です。

本体の重たさ、大きさは予想以上、携帯性には難ありか。

良いと悪いは表裏一体です。

抜群の視認性を誇る魅力的なディスプレイですが、とにかく本体が大きくて、重たいです、その重量約700グラム。500mlのペットボトル1本半分です。さらにケースやカバーをつけると、1kgに到達します。

通勤用のバッグに500mlのペットボトルが2本入っているのと同じ重量です。

とても大きく落下させたら、iPad自体の重さ衝撃でディスプレイはすぐダメになってしまうと思います。破損のリスクを考えると、保護ケースは絶対に必須アイテムです。

多少、コストがかかっても、破損時の修理費用と比較するとケースはるかにコスパがいいと思います!

携帯性/持ち運びやすさに関する評価は残念ながら「 × 」です。会社への通勤で持ち歩いたり、営業ツールとして頻繁に持ち運ぶ場合は重量には十分に注意した方がいいと思います。

iPadは、基本的にはノートパソコンの代替にはならない。

ノートパソコンの代わりにiPadを検討している方といると思いますが、注意しないといけないのはノートパソコンの替わりにはなりきれないという事です。

最大のポイントはiPadで使用されているiOSは、タッチデバイス用のOSという事です。

指先での作業を想定して制作されたOSの為、ピンポイントの位置をマウスをクリックしてポイントを合わせたり、一字一句を修正したり、細かいバランスをとったりするのには不向きです。

大きいディスプレイのiPad Proを、当初はノートパソコンの代替として出張などで使用していた時期もありましたが、細かい操作においては、やはりマウスがないと操作性で戸惑うシーンもありました。

ノートパソコンを持っていないユーザーが、細かい作業用にもiPadの利用を検討をしている場合は、まずはノートパソコンの購入してからiPadの購入がおすすめです。

スマートキーボードもタイピングしづらい。

出張先でも文字入力できるように、Apple純正のスマートキーボードも購入しました。

キーボードは、通常カチャカチャと沈みながらタイピングできるのですが、スマートキーボードの場合はペタペタという感じです。

反応速度もやはりデスクトップパソコンには劣ります。たまに変換ミスや反応しないときがあるのも気になります。

タイピングの入力感というものはなく、あくまで補助的なキーボードです。ただ、マグネットを使って装着するだけで、すぐに使えるのは高ポイントです!さすが純正アクセサリです。

高速でタイピングする本気の文字入力には向かないと思いますが、普通にスムーズに文字入力できればいいという方にはおススメです!

処理速度は、基本操作では◎。複雑な動画編集などでは、やはり重たくなる

iPad Proでの処理速度は、十分なレベルです

アプリの複数起動、簡単な文字入力作業、音楽再生しながらの作業、デュアルディスプレイでの使用感など、重たくてフリーズするという事は一切ありません。

テスト的に、動画編集をiMovieで行った時は、ローディングタイムが長かったが、一般的な操作では特に困ることはないと思います。

電池もちは全く問題なし、100%になるまでは時間がかかる。

大型のiPad Proの電池もちは◎です。

一日中、フルに活用しても電池がなくなるという事はありませんでした。ディスプレイが大きい分、電池消費が激しいぶん、大容量バッテリーを内蔵してしっかり補っています。

ただ、エンプティ状態になってから満タンにするまでの時間は、出力の強い充電器を使用しても3時間以上かかります。必要なタイミングに充電を忘れていると致命的な状態になりかねません。

大型iPadを購入をおすすめしたいユーザー像とは。

大きいiPad Proを是非おすすめしたいユーザー像とは、

  • 重いので持ち運びには向きません、主に自宅・職場で使用する人。
  • Apple Pencilを使用し、大きな画面に作画・作図したい。
  • 細かい作業は別のパソコンがあり、第二の閲覧用デバイスとして検討している。

以上に該当する場合、ベストな選択肢といえると思います。

2018 新型iPad Proの詳細サイズをチェック! どこが変わる?。
いよいよ2018年度も終盤にさしかかり、新型のiPad Proが発売さ...
【新旧比較】 新型Apple Pencil(第2世代)のポイント解説!サイズや価格、互換性など。
2018年11月7日に通算で2代目となるApple Pencil(第2...