大きい iPad Pro 12.9inch は買いなのか??

ディスプレイの大きさ、綺麗さは最大の武器である。

大型iPad Proの大きさは12.9inchである。

通常の慣れ親しんでいる通常のiPadの大きさは9.7inch。つまり、通常のiPadよりも3.2inchも大きい。実際の体感としては、数値上のインチ数の差よりも更に大きい印象だ。

大型のretinaディスプレイの為、色彩も鮮やかで、理想とした購入意図通りの大きいiPadである。

本体の重たさ、大きさは予想以上、携帯性には難ありか。

良いと悪いは表裏一体ともいうべきか。

抜群の視認性を誇る魅力的なディスプレイであるが、とにかく本体が大きくて、重い。その重量約700グラム。
500mlのペットボトル1本半である。さらにケースやカバーをつけると、1kgに到達する。

通勤用のバッグに500mlのペットボトルが2本入っているのと同じ重量となる。

とても大きく落下させたら、自重の衝撃でディスプレイはすぐダメになってしまうリスクを考えると、ケースは必須アイテムだろう。

携帯性に関する評価は残念ながら「 × 」である。会社への通勤で持ち歩いたり、営業ツールとして頻繁に持ち運ぶ場合は注意した方がいい。

iPadは、基本的にはノートパソコンの代替にはならない。

ノートパソコンの代わりにiPadを検討している場合に、注意しないといけないのは、iPad ProはiPhoneの延長という事だ。

iPadで使用されているOSは、タッチデバイス用のOSである。指先での作業を想定して制作されたOSの為、ピンポイントの位置をマウスをクリックしてポイントを合わせたり、一字一句を修正したり、細かいバランスをとったりするのには不向きである。

大きいディスプレイのiPad Proであるが、当初ノートパソコンの代替として出先で使用していた時期もあった。

ただ、実際のところはレポート作成や、プログラム作業など、細かい操作においては、やはりマウスがないと操作性で戸惑う部分も多々あった。

ノートパソコンを持っていないユーザーが、細かい作業用にiPadを比較検討をしている場合は、まずはノートパソコンの購入をさきにしてからiPadの購入をおすすめする。

処理速度は、基本操作では◎。複雑な動画編集などでは、やはり重たくなる

iPad Proでの処理速度は、十分なレベルである。

アプリの複数起動、簡単な文字入力作業、音楽再生しながらの作業、デュアルディスプレイでの使用感など、重たくてフリーズするという事は一切なかった。

テスト的に、動画編集をiMovieで行った時は、ローディングタイムが長かったが、一般的な操作では特に困ることはないだろう。

電池もちは全く問題なし、100%になるまでは時間がかかる。

大型のiPad Proの電池もちは◎である。

一日中、フルに活用しても電池がなくなるという事はなかった。ディスプレイが大きい分、電池消費が激しいというのは織り込み済みで、大容量バッテリーを内蔵している。

ただ、エンプティになってから満タンにするまでの時間は、出力の強い充電器を使用しても3時間以上要する。充電を忘れると致命的だろう。

大型iPadを購入をおすすめしたいユーザー像とは。

大きいiPad Proを是非おすすめしたいユーザー像とは、

  • 持ち運ばずに、主に自宅・職場で使用する。
  • Apple Pencilを使用し、大きな画面に作画・作図したい。
  • 細かい作業は別のパソコンがあり、第二のガジェットとして検討している。

以上に該当する場合、ベストな選択肢といえるだろう。

コメント