1Kとか1Mってなに? 何の略? 正しい数え方 や 単位の意味を詳しく調べてみました。




まとめ

よくインターネットの数字の単位や、パチンコなどでも使用される1kとか2kという単位。これって何の意味があるの?
という疑問を持ったので調べてみました。




「K」は「キロ」の頭文字で「1000」の単位を表します。

結論から言うと、Kがついたら”0(ゼロ)を3個”つけると解読できます。

つまり、1Kなら1の数字に”0(ゼロ)を3個”なので、1000という数を表します。

キロの示す意味は「1,000」の単位です。重さを示す単位のグラムも1,000グラムになると、1キロと言いますよね。

例えば、5Kなら”5,000”、7Kなら”7,000″、10kなら10キロで”10,000”という数を示します。

早見表

1k=1,000(1千)
5k=5,000(5千)
10k=10,000(1万)
100k=100,000(10万)

仮にyoutubeやインスタの評価欄に1kと書いてあったら1000人が好評価を押したという事です。

別の例だと「本日のパチンコ10K負け」と書いてあったら、1万円負けたんだという意味になります。

ネットでの閲覧数1Kは1000人という意味

最近ではyoutube、インスタ、abemaTVなどで評価ボタンに30k、50kなどと表示されています。

30kなら、30にゼロを3コつけるので30,000人(3万人)、50kなら、50にゼロを3コつけるので50,000(5万)となります。

一番身近なk(キロ)は体重

一番身近なk(キロ)は体重”1キログラム”という単位も1グラムが1000個集まって1キロになります。

体重はKG(キログラム)で表します。1キロが1000グラムです。

つまり、70キロの場合は、1000グラムが70個あるという事になります。

キロは、1000の単位を表すという覚えやすい好例だと言えます。

1Kを英語で示すとthousand(サウザンド)

1Kを英語で示すとthousand(サウザンド)と同義語となります。

Kを見たら、ゼロを3つ思い浮かべましょう。

最初はピンときませんが、kと見たら1000(もしくは”ゼロを3個”)とすぐ浮かぶように癖をつければ、すぐに変換できるようになります。

「ケーはセン」「ケーはセン」と10回いうと忘れることはないと思います!

次は、K(キロ)という言葉とは、スケールの大きさが違う”M(メガ)”について書いていきます。

タイトルとURLをコピーしました