【遂に公開】2018年に発売される iPhone ラインアップ!




iPhoneXplus iPhone




アメリカのメディアが次期iPhone画像公開

次期iPhoneの3モデルの画像

米の有名なiPhoneメディア BGR が今秋発売のiPhoneの3モデルの比較表とともに、画像を公開しています。

グラフや画像を見てお気づきの方も多いと思いますが、すべての機種が全画面液晶でiPhoneXのようなデザインとなっています。そして、ラインアップのいずれのモデルにもホームボタンが存在していません。

つまり、2017年に発売されたiPhone8/8plusがホームボタンを有している、最後のiPhoneになる可能性が非常に高くなってきました。

ホームボタン保有機とホームボタンを廃止したiPhoneXのダブルラインアップで展開された2017年度の秋でした。ユーザーは、好みやニーズに合わせて、ホームボタンの有無を選択することができました。

しかし、2018年度は、3モデルすべてホームボタンがない機種の展開となっています。ホームボタンを廃止しても目立った不具合がなかったiPhoneXの成功で確信を得たことが背景にあると思われます。

2018年以降に、機種変更する際は、慣れ親しんだホームボタンに別れを告げるユーザーも多くなりそうです。

6.1インチの格安モデルはなにを削っているのか

さて、今回の3ラインアップの内訳ですが、有機ELパネル(oLED)搭載機2機、従来の通常液晶(LCD)搭載機が1機となっています。

3機種の中で、1機種のみ200ドル以上値段が下げて展開していく情報がありましたが、どうやら、6.1インチモデルのことを指しているようです。

グラフを参考にして、見た目はほとんど違いがわかりませんが、高額機種と値段を抑えた機種の違いについて機能比較してみます。

まずは、低価格版の6.1インチモデルは液晶が従来のLCDパネルを使用しています(高額機種は有機ELディスプレイ)。そして、6.1インチモデルのみ3Dタッチ非搭載、メモリ3GB、シングルカメラとなっています

内部構造で言うと、6.1インチモデルのみフレームの素材がアルミニウム(高額機種はステンレススチール)。

また、バッテリーの形は、高額機種がL字のバッテリーを使用しているのに対して、6.1インチモデルは従来の四角いバッテリーを搭載するようです。

しかし、様々な機能を削る事でコストダウンを実現した廉価版としての位置である6.1インチモデルですが、Face IDが搭載され、シングルカメラといえども新開発の手ぶれ補正がつくという情報もあります。

3モデルで比較するとスペックが劣る位置づけですが、従来のiPhoneと比較すると、はるかにハイスペックな機種になるという事は言うまでもありません。

【動画も存在】今秋3モデルのは発売日は9月が有力か

また、同サイトの記事では発売日についても言及しています。

Appleの新機種3モデルは、6.1型LCD iPhoneモデル、5.8/6.5OLED iPhoneモデル、9月中旬頃に発表される予定と述べられています。

そして、6.5インチのoLEDモデルの呼称はiPhone X Plusという事になりそうです。

3モデルとも発売日は近い日時に設定される可能性が高く、ユーザーとしては3モデルをしっかり比較して選択することができそうです。

iPhoneXSとiPhoneXRの性能の違い!どこが違う?
2018年秋にAppleから発売されたiPhoneXS/iPhoneX...
iPhoneXRは買う価値があるかを検証!価格面・性能面(スペック)・カメラ性能などを徹底比較。
2018年は、3種類のiPhoneが発表されました。 iPhon...

 

Source:https://bgr.com/2018/06/22/iphone-x-plus-release-date-soon-6-1-inch-iphone-image-exclusive

遂にホームボタンがなくなるんだね!

 

ちょっと寂しい気もするわ。

 

時代とともに変わっていきますね!