AppleWatchSEはどこが違う?

Amazonから「アカウントは一時的にロックされています」というメールが届いた時の対処方法

焦る必要はありません。

ある日、Amazonからアカウントは一時的にロックされています、支払情報を更新してくださいという警告メールが届きました。

メールの文面は、以下のとおりです。

あなたのアカウントは一時的にロックされています。

お客様各位,

アカウントの有効期限が切れており、24時間以内に停止されます。 問題を解決するために情報を更新してください。

ありがとうございました.
アカウントを更新する

敬具,
Amazon.co.jp

本当にAmazonのアカウントは一時的にロックされているのでしょうか。検証していきたいと思います。

Amazonのアカウントロックの対処方法

まずは、結論から言うとAmazonのアカウントロックの対処方法は、なにもしないことです。

なぜならば、なりすましの可能性が高いからです。

最初に、確認すべきは送り主のアドレスです。

スマホでは、名前にAmazonと表示されていても、アドレスを再度クリックすることで、送り元のアドレスをチェックすることができます。

また、パソコンOutlookなどの場合には、送り主名と一緒にアドレスも表示されます。

今回の送り元のアドレスは、info@australiaoilexploration.comでした。

完全に怪しすぎます。

このアドレスを見た時点で「あ、なりすましだ!」と一瞬でわかりました。

amazonなりすましメール
よく見ると差出人欄に表示されているアドレスが明らかに怪しいです。

iPhoneなどでも差出人欄にamazonと表示されていても、一度クリックすると送信元アドレスが表示できますので、必ず確認しましょう。

ちなみに、Amazonの公式サイトヘルプでは以下のアドレスからしかメールは送られないと表示されています。

amazon.co.jp
amazon.jp
amazon.com
amazonbusiness.jp
email.amazon.com
marketplace.amazon.co.jp
m.marketplace.amazon.co.jp
gc.email.amazon.co.jp
gc.amazon.co.jp
payments.amazon.co.jp

引用:Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

つまり、上記のアドレス以外から届くAmazonを語るEメールはすべてなりすましだといえます。

Amazonの警告メールのURLも確認しましょう

メール文面は、amazonにかなり似せて作られていますので、中には本当にロックされているかもと驚く方もいるかもしれません。

そこで、「アカウントロックを解除する」のボタンをクリックした後に表示されるページのURLにも注目してみましょう。

ページ自体にウィルスは仕込まれていませんので、クリックして確認するのは安全です。

なかには、メールが本物かもしれないということで驚いて検索しているかたもいるかもしれませんが、URLを見るとその雑さに驚くと思います。

ちなみに、amazonの本物のURLはhttps://amazon.co.jpというものです。

今回の偽物のURLは、こちらです。

ジャパン・アマ・ゾネ・ポーという、なんだか変なURLになっています。

つまり、送り元のアドレスも変ですし、アクセス先のURLもメチャクチャです

さらに今回の件だけに限って言うと、今回amazonの一時的にアカウントロックをしますというメールが届いたアドレスは、amazonアカウントを保有していないアドレスでした。

つまり、amazonのアカウント保有の有無を確認せず、ランダムに送りつけているということがわかります。

Amazonの一時的にアカウントロックの「解除リンク」をクリックしてみた

今回は怪しいと思いつつも興味があったのでリンクをクリックしてみました。

その結果、amazonそっくりの画面が表示されました。

ここに、Eメールやパスワードを正直に入力したら怖すぎます。

まさに、フィッシングと言えます。

今回は、あえてランダムな英数字を入力してみました。

amazon一時的にロックされた場合の対処方法

その結果、なぜかログインが成功して支払い情報の設定としてクレジットカード入力画面となりました。

ここにも、ランダムな英数字を入力してみました。

amazon一時的にロックの対処方法

最後にクリックをしたところ、最後は本物のamazonのページにリダイレクトされるという結末でした。

まともに入力しないように注意が必要です。

amazonのなりすましメール自体はウィルスはなし

今回、どうなるかを検証するためにあえてリンクをクリックしてみました。

ジャンプしたURLのページ内でも特にウィルスは検知されませんでした。

パソコンのウィルス対策ソフトも一切反応していなかったので、単純に入力フォームからの情報を抜き取るのが目的だという事がわかりました。

万が一のときは、すぐにクレジットカード停止・amazonパスワードも変更しましょう!

今回ははじめから怪しいと思っていたので、いっさい個人情報もクレジットカードも入力していません。

しかし、万が一自分の情報を入力してしまった場合には、すぐにクレジットカード会社に連絡して、amazonのパスワードも変更しましょう。

必要に応じてamazonのコンタクセンターに、連絡をしておいたほうがいいかもしれません。

amazonの個人アカウント内のページは名前、住所、購入履歴などあらゆる個人情報が確認できます。

また、クレジットカード情報も有効期限・セキュリティコード・パスワードまで入力を求められていますので、すべて正しい情報を入力してしまった場合には、相応の被害がうまれる可能性があります。

とにかくスピード感をもってすぐに上記の対策をとることをおすすめします。

一応アマゾンのヘルプデスクの番号を貼っておきます。

また、24時間対応のカスタマーサービスもあります。

amazonのなりすましメールの対処方法
参考 amazonヘルプセンターamazon.co.jp

必要に応じて活用していきましょう。

Amazonのアカウントロックが本物かを確認する方法

まずありえないケースですが、アカウントロックのメールがAmazonからの本物のメールかもしれないと感じた場合には、Amazon.co.jp内に設置されているメッセージセンターを確認してみましょう!

メッセージセンターとは、Amazonが個人のアカウント毎に用意してくれている専用のメッセージボックスです。

もし、アカウントサービス内にあるメッセージセンターにも、同様のメールが確認できた場合には要対応だと言えます。

参考 amazonメッセージセンターamazon

僕の場合は、当然アカウントロックというメールはアマゾンのメッセージセンターには表示されていませんでした。

まとめ

amazonから「アカウントが一時的にロックされています」というメールが届いても焦る必要はありません。

落ち着いて対処しましょう。

確認すべき点は以下の3つです。

・送り主のアドレス
・amazonのアカウントサービスのメッセージセンター
・遷移先のURL

以上、アマゾンのアカウントが一時的にロックされていますというメールが届いた場合の対処方法でした。