Appleの社長が公開した、iPhoneで撮影した写真が”クオリティ高すぎ”と話題に。

AppleのCEOであるティム・クックが、4月22日のアースデイを祝い、ツイッターにて4枚の画像を公開しました。

公開された写真はすべてiPhoneで撮影された、「アースデー」をテーマにした美しい自然や動物の写真です。

Twitterでシェアされた写真は、エスター・ヘブンズ氏、サラ・ノーベル氏、ジェイソン・バーンズ氏、ヴィンセント・リーマー氏の4人がiPhoneで撮影したものです。

iPhoneで撮影されたレベルを越えている?

なお、写真はiPhoneで撮影されたとなっていますが、クオリティが高すぎて本当にこのレベルの写真を撮影できるのかと話題になっています。

店頭のデモ端末などにも美しい写真がたくさん入っているiPhoneですが、普通に私達が撮影するスナップショットとは次元が違うクオリティとなっています。

プロのテクニック凄い!