最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

Apple純正ワイヤレス充電AirPowerの魅力とは

AirPowerのタイトル画像

2017年に発売されたiPhone8で、初めて搭載されたワイヤレス充電機能。

しかし、肝心のApple純正の充電パッドがなかったことから、ワイヤレス充電を活用したいユーザーはどの充電パッドを購入するべきか選択に迷ってきました。

設計上は“Qi規格”に対応した充電パッドがあれば、ワイヤレス充電は可能なのですが、Appleファンのユーザーにとっては、洗練されたデザイン性やデバイスとの相性などから、すべて純正品で揃えたいという声が多くあったのも事実です。

2017年のAppleのイベントにおいては「2018年中にApple純正のワイヤレス充電パッドAirPowerを発売する」と予告していましたが、一向に発売の気配はなく2019年に入ってしまいました。

そして、ついにApple純正のAirPowerの生産が開始されたという情報があることから、いよいよ発売への本格的なカウントダウンが始まったと言えそうです。

もし、AirPowerが発売された場合、Appleユーザーの生活はどのように便利になるのでしょうか。

コンセント回り、Apple製品の充電器でごちゃつく。

iPhoneの充電ケーブルで混雑充電台数が多いとコードが増えてしまいます。

ご存知の通り、Appleが発売しているのはiPhoneだけではありません。

いまや世界で一番売れている腕時計となったApple Watch。そして、Apple純正のワイヤレスイヤホンAir Pods。

その、Apple製品はすべて専用の充電器が必要でした。

つまり、iPhoneを持ち、AppleWatchを腕に装着し、耳にAirPodsをはめているAppleユーザーの自宅のコンセントは多くの充電コードが必要だったのです。

しかし、AirPowerの登場で状況は一変します。

邪魔なiPhoneの充電コードが不要に意外と邪魔になる充電コード

AirPowerがひとつあれば、iPhone/Apple Watch/Air Podsのすべてが一枚のAirPowerの上で同時充電が可能となります。

つまり、コンセント回りが劇的にすっきりし、洗練されたスマートな充電風景に変わるのです(写真参照)。

一枚のマッド上ですべてのAppleデバイスを充電するという取り組みには、発熱・不具合など多くの困難があり、天下のAppleでも予定通りには進まなかったようですが、すべての技術的な問題がクリアされ、量産体制にはいったようです。

これは、充電機関連のメディアChargerLabがツイッターにて、明らかにした情報です。

Luxshare Precisionは、AirPodsやApple純正のUSB Type C(USB-C)ケーブルを製造しているAppleの主要サプライヤーの1つです。

そして、Appleの充電器生産を請け負っているLuxshare Precisioでは、すでにAirPowerの生産が開始されているということです。また、1月21日からはPegatronも生産を開始するということです。

まとめ

AirPowerの発売日はいつだろうAirPowerはいつ発売されるのか

AirPowerがあれば、コンセント回りが劇的にスッキリします。

特にAppleWatchや、AirPodsも保有しているユーザーにとっては、一考の価値がある製品です。

洗練されたデザインが好きなAppleユーザーにとっては、自宅の充電風景もオシャレを実現するでしょう。

追記

AirPowerの開発中止が発表されました。

AppleがAirPowerの開発・発売を諦めた衝撃

Apple Watchの「通話機能」の実用性を採点!できること、できないこと。

Img Src:bgr.com