最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

AppleWatch Series4の“転倒検出”とは、どんな機能か調べてみました。

AppleWatch Series4では、転倒検出機能が搭載されています。しかし、転倒検出機能といわれてもいまいちピンと来なかったの動作について調べてみました。

事前準備

AppleWatch Series4で転倒検出機能を使用するには、AppleWatchと連動しているiPhoneの設定の中にある、転倒検出と手首検出がONになっている必要があります。

転倒検出はデフォルト設定はOFFになっていますので、自分で設定画面のマイウォッチ設定から入ってONにする必要があります。また、65歳以上のiPhoneユーザーは自動で転倒検出がONになっているようです。

実際にAppleWatchを装着して転倒すると

転倒が検出されたAppleWatchの画面には、「ひどく転倒されたようです。」や「大丈夫ですか?」といった問いかけが表示されます。

画面上には、“緊急SOS”というボタンと“大丈夫です”という二択が表示され、緊急SOSを押すと緊急通報され、大丈夫ですを押すと通常画面にもどります。

転倒して動けない時に真価を発揮するのが転倒検出

AppleWatchの転倒通知の真価を発揮するのは、転倒者が派手に転倒して動けないときです。

転倒検出され、60秒間以上の間、何も押さずに無反応のまま放置すると、AppleWatchは振動しはじめ、アラームが鳴り始めます。

アラームは徐々に大きくなり、爆音モードに突入しますので、周囲に誰がいればただ事ではないと気づいてもらうことができます。

それでも、なにも反応がない場合は最終手段として緊急ダイヤルに自動接続してくれます。

緊急ダイヤルに自動接続された後

派手に転倒して動けない転倒者に変わって、オペレーターに現在地 (緯度・経度・座標) を救急ダイヤルに伝えてくれます。

なお、この機能は手首検出・転倒検出も両方がONになっていることで初めて有効になる機能ですので、ONを忘れないようにしておきましょう。
                     

わざと転ぶと誤検出されるのか?  

 
AppleWatchSeries4を着用して、わざと転ぶ動作をして何度も転倒検出をトライしみましたが、一度も転倒検出はしてくれませんでした。

柔らかいベッドに飛び込んだり、芝生でスライディングなどしてみましたがダメでした。

ただ、雨の日にマンホールの蓋でガチで転んだときはしっかり検出てれくました。やはりジャイロスコープと加速度計により、どのような数値になれば本気の転倒かというのを見分ける機能はかなり正確に分析されているようです。