AppleWatchSEはどこが違う?Series6と比較してみた。

2020年9月16日に、Appleが新製品発表会を行いました。

最も注目を集めたのは新型のAppleWatchの発表でした。

今回発表されたAppleWatchのSEはなにがスペシャルなのか、簡単にまとめてみます。

AppleWatchでは初の「SE」シリーズ

AppleWatchでは初めてのSEというネーミングです。

iPhoneのSEモデルと同様に、余計な機能を削った「リーズナブルなモデル」という事です。

いわば「Series6が高いという人がいるから、すこし安いSEつくったよ!」というイメージがぴったり。

Series6と比較すると、1万円以上お求めやすくなっています。

AppleWatchでは初の「SE」シリーズ

ただ、リーズナブルなモデルといっても機能面では重要な機能はほとんど揃っています。

よほどこだわりがあるという方以外は、SEで十分かも。

AppleWatchSEのいい点

AppleWatchSEの素晴らしい点を、価格以外に3点あげてみます。

  • 画面の大きさ、解像度、輝度がSeries6と同じ
  • セルラーモデルが用意されている
  • 64Bitのプロセッサが搭載されたことで動作が速い

SEの「画面の大きさ・解像度・輝度」などは高価なモデルのSeries6とまったく同じです。

64bitプロセッサが組み込まれていますので、サクサク動作するというのも魅力です。

また、近くにiPhoneがなくても通信ができるセルラーモデルも用意されています。(別途契約が必要)

それでは、AppleWatchSEには搭載されなかった機能についてまとめます。

AppleWatchSEにはない機能

  • 常時点灯表示機能
  • 血中酸素濃度アプリ
  • SiP6プロセッサー

特筆すべきは、常時点灯表示機能でしょうか。

AppleWatchユーザーで、フラッグシップモデルを買ったとドヤりたい人( ・´-・`)にとっては、常時表示されているという事はひとつのステータスです。

腕を下げた時に、画面が消灯しているモデルは、廉価版モデルと判断されてしまう事となりますので、最新モデルだよ!と、におわせたい人には向きません。

また、血中酸素濃度が図れる機能もSeries6には搭載されています。

血中酸素が気にならない僕のような人にとっては、「それ、いるの?」って感じですが。

そして、AppleWatchSEよりも20%速く動くと言われているSiP6プロセッサーも搭載されています。

とにかく、最速・最先端が好きという方は、Series6がいいかもしれません。

さらに、ボディカラー・ボディ素材にも違いがあるようです。

もはや、一般人にはよくわからない「こだわり」の領域ですね。

AppleWatchSEは3色(アルミのみ)・Series6は5色展開(アルミ・ステンレス)

AppleWatchSEは3色(アルミのみ)・Series6は5色展開(アルミ・ステンレス)

高価なSeries6モデルは、ボディ素材がステンレススチールも用意されています。

AppleWatchSEはアルミニウムのみです。

こちらも、腕の上にある小さなAppleWatchが何色であろうと、素材がなんであろうと、気にならない人は気にならないはずです。

まとめ

  • 常時点灯・血中酸素濃度を使いたいならSeries6
  • こだわりなく普通に使いたいならSE
  • GPSオンリーで多くを求めないならSeries3