足を引っ張る 迷惑な上司/友達/男/女 の心理や意味・対処法

足を引っ張るの意味とは?

足を引っ張るという単語を調べると、主に他人の成功や前進をじゃまする。という意味です。

仲間の成功・勝利・前進などのじゃまをする。また、結果としてじゃまになる行動をする。
引用:https://kotobank.jp/

主に、足を引っ張る人の心理とは、「自分にとって脅威である人を排除したい」という事が目的です。

まれに、純粋に仕事ができないなど、無意識に足を引っ張てくる人もいます。しかし、そのような無意識タイプに悪意はない為、多少の注意と再発防止策を徹底することで改善を図ることができます。

問題となるのは、意図的に目的をもって足を引っ張ってくる人間です。

足を引っ張られるターゲットになるのは、自分より活躍したり、目立ったりしている人物。

その人の存在によって「不利益を受けている」場合に、負の感情から生まれる場合が多いかと思います。

例えば、ビジネスの場での出世競争や各種対人関係です。

根も葉もない噂を流されたり、業務を妨害したり、相手の立場を悪くしたり、日常が円滑にいかないように動き、相手を貶(おとし)める事で、自分を優位に見ようとする卑しい考えです。

足を引っ張る人に出会ってしまった場合

さて、足を引っ張る人と関りを持ってしまった場合は、どうするのが得策でしょうか。

貴方が足を引っ張られているという事は、足を引っ張っている人にとっては、貴方は脅威だという事です。

足を引っ張る側の立場にたった場合、なんとも思っていない人の足をわざわざ引っ張る必要は一切ありません。

すでに自分のほうが優れているんだと確証を持っている場合、自分より劣っている相手・または全く脅威ではない人と判断した相手の足を引っ張る事はありません。

考え方を変えてみると、足を引っ張られている人は、優れていると判断されている、そしてなんらかの脅威であるからこそ足を引っ張っられているとも言えます。

貴方が足を引っ張られていると感じた場合は、その相手に対して、負のオーラを抱かせるほど優れているという事が言えます。

それはもって生まれた性質なので、足を引っ張っている人に気兼ねする必要は一切なありません。あなたは、あなたの人生を最大限楽しみましょう。

他人の感情・妬み・嫉妬は誰もコントロールできない。

人間が足を引っ張ろうとする感情は、おおよそ妬みや嫉妬になるかと思います。

普通に生活している際に、自分の感情でさえ完全にコントロールするのが難しいのに、他人の感情までいちいち気にして生きることはできません。

嫉妬や妬みは不可抗力に生まれるもので、普通に生活しているだけでも、妬みや嫉妬を買うことがあると思います。

「自分より成績がいい」「自分より容姿がいい」「自分よりお金持ちだ」「自分より良い家に住んでいる」など、常に人間は比べたがります。

比較して、優れていると思う優越感を感じていたいのです。

それが自分より優れていると思う人が出現し、感じていた優越感が崩壊した場合に、必ずケチをつけて、自分のほうが優れているんだと誇示したいのです。

自分より優れていたり、実力が拮抗している場合などに、あらゆる手を使って、相手の邪魔をするのが「足を引っ張る行為」の根源だとも言えます。

直すべき点は直し、より高いステージを目指す。

さて、足を引っ張られているなと感じた場合、どんな詳細かは違いがあると思います。

根も葉もない、根拠のない嫌がらせの場合は、気にする必要がありません。

もし、あなたに直すべき点があるとすれば、今後余計な脇の甘さや、非を見せることで、新たな火種を生まないよう、どんどん自分をアップデートしていきましょう。

人間ほど不完全なものはなく、「私は完璧・なんの非もない」と思い込んでいるなら、それは傲慢になりすぎています。

人間は常に不完全という事をしっかり認識して、直すべき点はしっかり直しましょう。

人格を磨き、精神を向上させることで、足を引っ張っている人に対して、あいつには敵わないと心底思わせてやることで、「もう、あの人は別格で競ってない」と思われると自然と嫌がらせも受けなくなります。

足を引っ張る人が、貴方の邪魔をすることを考えているときに、貴方は足を引っ張る人には目もくれずより高いステージを目指すべきです。

時間は有限です。足を引っ張る人に対していちいち腹をたてて、対抗していたら、同じフィールドに立っていることになり、せっかくの時間が無駄になってしまいます。

足を引っ張られているという事を、粋(いき)に感じて、一層努力していきましょう。

足を引っ張られても落ち込む必要は一切ない!

さて、足を引っ張られていてもさほど落ち込む必要はありません。

なぜならば、足を引っ張ろうとする悪意は、貴方に非がなくても、必ず発生するものだからです。

「隣の芝生は青く見える」という言葉がありますが、あなたの足を引っ張ろうとする時点で、あなたはその相手よりも優れている思われているという証明となります。

人間だれしも、嫌な事をされたら落ち込むものですが、足を引っ張られるほど優れているんだという自覚をもちましょう。

また、多少でも隙やわきの甘さをつくると、一気に相手に足を引っ張る材料を与えてしまいます。

相手の足を引っ張ることに、無視をしたり、嫌味を言い返したりなど、露骨にリアクションをとった場合は、それこそ相手の思うつぼになってしまいます。自分のやるべきことに集中して、困難を乗り越えていきましょう!

足を引っ張っている人はいつかは消える。

さて、足を引っ張られる状況は、精神的に厳しいこともあると思いますが、未来永劫続くわけではありません。

学校にも卒業式がありますし、会社にも異動や転勤、退職などがつきものです。

小さなコミュニティでも、新しい人が一人はいったり、一人抜けるだけでも、大きく環境は変化します。

望まない環境になってしまった場合でも、いまはそういう時期だと割り切って、自分のやるべきことに集中するのが得策です。

不快な時間は長く感じますが、足を引っ張られているという事は優れているという事を心に刻み、経験値をあげていきましょう。

真実を見ている人は必ずいる。

足を引っ張ろうと必死になっている人は、必ず信頼を失っていきます。

そして、因果応報で必ず、足を引っ張ろうとしている時点で、その行いが蓄積され、その人自身に戻ってくるのです。

貴方が足を引っ張られていても、その状況を冷静・公平に神様は見ています。

足を引っ張られたからといって、やり返すと言い返す、または真に受けて落ち込むなど、ダークサイドに落ちることなく、自分のさらに高いステージを目指すのが正解です。

コメント