最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【Chrome】ログイン時に予測表示されるID・パスワード候補を削除する方法(PC記憶を消す)

この記事のターゲット
・Chromeでサイトログイン時にでてくる候補を消したい

ウェブサイトにログインしようとすると、ID・パスワード候補が毎回表示されます。

ログインの手間を省く、とても便利な機能ですが、間違って入力したID・パスワードが記憶されていたり、もう使わない古い情報も混ざっています。

今回は、もう使わないのに候補欄に表示されるID・パスワードを削除する方法をまとめていきます。

Chromeブラウザのメニューバーから削除する方法

ブラウザの右上にある「メニューボタン」をクリックして、「設定」を選択します。


メニューの一覧が表示されますので、画面中段にある「パスワード」を選択します。

不要なID・パスワードの列があったら、列の一番右端の「メニューボタン」をクリックします。


「削除」を選択します。

以上で、ログイン時に予測表示されるID・パスワード候補を削除する事ができました。

別の手順もありますので、ご紹介します。

ログイン時にでてきた候補一覧画面から削除する方法


自動ログインで候補一覧が表示された窓の一番下に「パスワードを管理」をクリックします。

「パスワードを管理」をクリックすると、さきほどのパスワード一覧の画面に遷移します。
 
同じく、不必要なID・パスワードの列にある右端の「メニューボタン」をクリックします。

削除します。

不要なID名が分かっている場合は検索して削除もできます


ID・パスワードの一覧表示されている画面の、右上に検索窓があります。検索窓に、ID名を入力すると、対応した記憶されているIDが表示されます。

一番右側のメニューボタンをタップします。


削除します。

不要なユーザー名が分かっている場合は検索して削除もできます



削除します。

ChromeにID・パスワードを記憶をさせない方法

ここまで、Chromeに保管されているID・パスワードを削除する方法をまとめてきました。

この問題の根本解決作としては、ブラウザに記憶をさせないのもひとつの方法です。

以下の手順で実装が可能です。


メニューの一覧が表示されますので、自動入力という見出しの中にある「パスワード」を選択します。

「パスワードを保存できるようにする」の「スイッチをOFF(青から白)」にします。

スイッチをOFFにする際の注意点

「パスワードを保存できるようにする」をOFFにしてしまうと、ログイン画面で自動入力が表示されなくなります。

すべてのログインが完全手入力になってしまい、場合によっては利便性が下がってしまうので注意が必要です。

自動入力はONのままがおすすめです。

まとめ

不必要なIDやパスワードが記憶されていると、作業効率が下がります。

定期的に不必要なID/パウワードは削除するなど整理整頓することがおすすめです。