iPadPro iOS11 の新機能「新しいDOCK」とは?




画面はApple社の公式ホームページのスクリーンショットです。 iPad
画面はApple社の公式ホームページのスクリーンショットです。




iPadProの「新しいDOCK」で、アプリの切り替えがしやすくなった。

Appleの最新OS、iOS11。すでにインストールした人も多くいるはずだ。

iOS11について「iPhoneは今まで以上に優れたものになり、iPadはかつてないほどの能力を手に入れます」とApple公式ページで紹介されていたが、いざインストールしたものの、どこが変わったの?と感じる場合も多い。実感するのは、いままでできなかった事ができるようになった時だろう。

今回は、iOS11だからこそできる機能、「新しいDOCK」に注目して書いていきたい。

iPadの新機能 「新しいDOCK」。

画面はApple社の公式ホームページのスクリーンショット。

画面はApple社の公式ホームページのスクリーンショット。

DOCKとは、写真のとおりアプリケーションをまとめているバーの事を指す。

通常DOCKは、ホーム画面にしか表示されず、アプリを起動しているときには一切使用することができなった。

しかし、今回の新しいDOCKの登場によって、アプリケーションを起動しているときにもDOCKを下から引き揚げて利用できるようになったのである。

「新しいDOCK」によってもたらされる恩恵。

新しいDOCKは、地味なようだが確実な進化である

従来は、アプリを起動している際に、別のアプリへと移行する場合はホーム画面経由だった。そうホームボタンをおして、ホーム画面に戻ってから起動していたものが、
新しいDOCKによって、アプリを起動したまま別のアプリへ瞬時に開いたり切り替えたりできるようになったのである。

使用頻度の高いアプリ間の移動が、ホーム画面を挟まずに、よりダイレクトな形で行えるようになったのである。

新しいDOCKによって「マルチタスキング」もより便利になった。

マルチタスキングとは、画面を左右に分割して、別々のアプリを同時表示させることだ。

新しいDOCKによって、いつでもDOCKを表示させられることができるようになったため、従来は起動の利便性の低かったマルチタスキングがより身近になったと言えるだろう。

起動方法は簡単だ。

アプリ起動時に、下からスワイプして新しいDOCKを表示させる。

起動させたいアプリのアイコンを画面上にドラッグする。

以上である。この作業をする事で現在起動しているアプリ画面の上に、別のアプリが表示される。ドラッグとは、(長押ししてアイコンを画面上に置くイメージ)だ。

うまくいっている場合は、DOCKから通常画面ゾーンに入った時に、グレーの長方形がでてくるので、目印にするといいだろう。

「マルチタスキング」について。

上述の方法で、新しいDOCKのアイコンを画面におとすと、ポップアップのような形で画面に表示される。

もし、更に大きく画面を起動させたい時は、ポップアップされた画面の上にバーが表示されているので、そのバーを上にずらすことにより、さらに大きな画面でマルチタスキングをする事が出来るようになる。

大きい iPad Pro 12.9inch は買いなのか??
大きい iPad Proは買いなのか?? 大型のiPad...
2018 新型iPad Proの詳細サイズをチェック! どこが変わる?。
いよいよ2018年度も終盤にさしかかり、新型のiPad Proが発売さ...