最高のBlu-rayコピーソフト!

【解決】iPhoneの通話中の雑音(ノイズ)が発生、原因と対処方法

【解決】iPhoneの通話中の雑音(ノイズ)が発生、原因と対処方法

iPhoneの通話中にスピーカーから雑音が発生して困っているかた向けに対処方法をまとめました。

話している相手がある程度親しい人であれば、雑音が聞こえる!と言えますが、ビジネス関連の電話だと必ずしも、「雑音」とは言いづらいので、しっかり対処しておきましょう。

本記事の概要
・通話中に雑音が入っていると言われた
・通話中にノイズが聞こえる気がする
・何度も聞き返される

iPhoneの雑音の発生源を突き止める手順

通話の雑音の原因をはっきりさせましょう

一言で雑音と言っても発生する要因がどれかがわからないと適切な解決策は見つかりません。

まずは、iPhoneの一時的なエラーの可能性があるので、再起動をしてみましょう。

再起動をすることによって、恒常的なエラーなのか、一時的なエラーなのかを切り分けることができます。

電源を落としてしまうと、直らなかったときに、本ページに戻ってこれなくなるので、根本解決する意味でも、次の手順に進めるようにこのページをブックマーク登録だけしておいてください。

電波がしっかりたっているか確認する

通話中のノイズ発生源として、多いのが電波が不安定な場合です。

走行中にヘッドセットを使いながら通話、ビルの地下など、現在使用中の端末に異常がない場合でも、電波が悪い所にいる場合には、雑音が入るケースがほとんどです。

もし、端末に一時的に雑音の不具合が出た場合には、自分と通話相手の通話場所に問題がないかを確認してみましょう。

ボイスメモに録音してみる

iPhoneの雑音の発生源がこちらのマイクだった場合には、マイクを使用した全ての機能に影響がでます。

そこで、おすすめしたいのがボイスメモを使った判別方法です。

iPhoneに最初から入っている、ボイスメモアプリを起動して、声を録音してみましょう。

録音したボイスメモを再生した時に、通話相手から指摘されたようなノイズが入っていれば、こちら側のマイクが原因です。

ちなみに、このボイスメモを使った方法の場合は、声を録音しなくともマイクが悪い時はノイズが入るケースがほとんどです。

マイク付きのイヤホンで通話してみる

もし通話相手から雑音を指摘された場合は、通話機能付きのイヤホンで試してみましょう。

マイク付きイヤホンを接続した場合には、本体のマイクは自動的にOFFとなり、接続したイヤホンのマイクがONとなります。

もし、本体のマイクでの通話時、マイク付きイヤホンの接続時どちらでもノイズが発生する場合は、プログラム的な不具合の可能性があります。

その場合は、下記の手順を試してみましょう。

ノイズキャンセリングをONにしてみる。

iPhoneには、通話音質を高めるために雑音を消す機能が備わっています。

「電話ノイズキャンセリング」という機能名称で、名称の通りですが、ノイズ(雑音)をキャンセル(取り消す)ための機能です。。

設定方法は下記の通りです。

  1. 設定アイコンをタップ
  2. アクセシビリティをタップ
  3. オーディオ/ビジュアルをタップ
  4. 電話ノイズキャンセリングをタップする

なお、電話ノイズキャンセリング機能が存在しない機種もあります。

もし、ない場合は下記の対策に進んでみましょう。

相手側の声に雑音が入る場合

相手側の声に雑音が入る場合

通話相手の声に「雑音」が入って困る場合もあります。

その場合に確認すべきポイントをまとめていきます。

スピーカーがふさがっていないかを確認

相手の声に雑音がはいったり、こもったりして聞こえづらい時に、真っ先に確認するのは、こちら側のスピーカーです。

日々、ポケットにいれたり、バッグに入れたりして持ち歩くiPhoneですので、気づかないうちに、スピーカーのくぼみに汚れが蓄積してしまっていることがあります。

綿棒などで汚れを奥に押し込んでしまわないように、上手に手前に引き出すようにして、取り除いていきましょう。

ブラシ付きの強い掃除機などで、汚れをかきだしながら、除去する方法もおすすめです。

保護フィルム・ケースなどがふさいでいる場合も。

相手側の声に雑音がはいったり、こもったりして聞こえる場合には、使用しているフィルムやケースがスピーカー部分にはみ出ていないかも確認しておきましょう。

相手側のマイクが原因なら対処方法はなし。

相手側のマイクに原因があるノイズは、残念ながら、相手側の問題なのでこちら側の設定で対処はできません。

親しい相手であれば「雑音が聞こえるよ」と指摘するのもいいと思います。

ビジネスシーンなど一回きりの通話などの場合はやり過ごしてもいいですし、「お電話に雑音がはいって聞き取りづらいいのですが・・・」と教えてあげるのもいいでしょう。

ただし、こちら側のスピーカーに原因がある可能性もありますので、相手側に伝えるのはまったく聞き取れない場合のみ、聞き直しの意味にとどめるのがよさそうです。

まとめ

  • 通話中に雑音(ノイズ)が発生する場合、ボイスメモを使って録音してノイズが入るか確認してみる
  • 相手側の声が雑音で聞き取りづらい場合、スピーカーの汚れ・フィルムによりふさぎがないか確認してみる
  • 再起動後・ノイズキャンセリングONにしても、症状が改善しなければ、Appleに相談してみましょう

物理的な故障の場合、修理にだすしか方法がありません。

修理代金などはこちらの公式サイトでご確認ください。
Apple 修理サポートページ

以上、通話中に雑音が入る場合の注意点でした。