iPhone トラッキングとは「許可する・許可しない」どっちにすべき?

困っている人

iPhoneを見ていたらトラッキングに選択肢がでてきました。「許可する・許可しない」どっちにすべきなの?

こんな疑問に答えていきます。

トラッキングとはなに?

【iPhone】トラッキングとは「許可する・許可しない」どっちにすべき?

トラッキングとは、直訳すると「追跡」「追従」という意味です。

ユーザーの検索履歴・閲覧履歴をもとに、興味のある広告を表示させるかどうかを聞かれています。

ユーザーが興味を持つ広告を出すために、iPhoneの閲覧履歴などを参照する作業を意味しています。

iPhoneにおけるトラッキング作業は、広告のために利用されます。

「許可する・許可しない」どっちにすべき?

iPhoneの広告で”自分の興味・関心が高い”のものを表示させたい場合は「許可」を選択しましょう。

興味のある広告よりも、個人情報の保護を重視したい場合には、「許可しない」を選択しましょう。

なぜ、急にトラッキング許可が表示されるの?

実は、これまでは全ユーザーが無条件でトラッキングを「許可」している状態でした。

しかし、世界中で個人情報保護に関する意識が高まった結果、iOS14以降のiPhoneでは、トラッキング許可・許可しないの判断を選択制にし、ユーザーに判断をゆだねる形式となりました。

「広告のためにiPhoneの閲覧履歴を収集して、参照するのは問題があるのではないか?」という意見を迅速に反映させた結果、iOS14からはトラッキング追跡の許可設定が表示されることとなりました。

トラッキングを許可するメリットとは、どうなる?

アプリにトラッキングを許可すると、以下のような状態になります。

トラッキングを許可すると・・・

  • 物件を検索した後に「物件」広告が表示される。
  • クルマを検索したあとに「クルマ」広告が表示される。
  • iPhoneを検索したあとに「iPhone」広告が表示される。

トラッキングを許可した場合のメリットしては、広告欄で最新キャンペーンの情報を入手できる点です。

興味のある項目に関する、最新の情報が自動的に表示されるのはメリットと言えます。

しかし、すでに購入した後や興味関心が失われた後にも、継続して広告が表示されることもありますので「しつこさ」を感じるという意見があるのも事実です。

トラッキング要求を拒否した場合

トラッキング要求を拒否した場合、訪問ユーザーの興味・関心に関係なくすべて一律の広告が表示されます。

個人情報を守るという観点からはおすすめの方法です。

しかしながら、これまで世界中数億人に対して適用されてきたのがトラッキング追跡です。

それでも、過去には個人情報に関する実害は報告されていません。

気分的に安心したい・しつこい広告が苦手という方は、拒否したほうが安心かもしれません。

トラッキング許可・許可しないを変更する方法

STEP1
「設定」をタップします。
トラッキング許可・拒否を変更する方法 「設定」をタップします。

STEP2
「プライバシー」をタップします。
トラッキング許可・拒否を変更する方法 「プライバシー」をタップします。

STEP3
「トラッキング」をタップします。
トラッキング許可・拒否を変更する方法 

STEP4
「Appからのトラッキング要求を許可」でON/OFFを一括切替可能です。
「Appからのトラッキング要求を許可」でON/OFFを一括切替可能です。

STEP5
個別のアプリ毎にトラッキング許可設定を切り替えたい場合は、アプリ毎のON/OFFの設定が可能です。
個別のアプリ毎にトラッキング許可設定を切り替えたい場合は、アプリ毎のON/OFFの設定が可能です。

STEP6
詳しい情報をタップすると、トラッキングについて詳しい情報を閲覧することができます。
詳しい情報をタップすると、トラッキングについて詳しい情報を閲覧することができます

まとめ

  • トラッキングとは、直訳すると「追跡」「追従」という意味です。ユーザーの検索履歴・閲覧履歴に連動して、興味のある広告を表示させるかどうかを聞かれています。
  • トラッキング要求を拒否した場合、訪問ユーザーの興味・関心に関係なくすべて一律の広告が表示されます。個人情報を守るという観点からはおすすめの方法です。
  • これまでは全ユーザーが無条件でトラッキングを「許可」している状態でした。個人情報保護に関する意識が高まった結果、iOS14以降のiPhoneでは、トラッキング許可・許可しないの判断を選択制にし、ユーザーに判断をゆだねる形式となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。