iPhoneの電源の「入れ方/切り方」とは

iPhoneの電源の投入方法(入れ方/切り方)についてまとめていきます。

私たちが普段iPhoneを見終わった時に、画面を消灯させるのはスリープモードなので、電源が切れているわけではありません。

今回は、画面にリンゴマークを表示させて、電源をオン/オフさせる方法について解説していきます。

電源を入れる手順 -iPhone(ホームボタン有り)

従来型の画面下にホームボタンがついた機種の場合、「画面の消灯・点灯ボタン(スリープボタン)」を長押しします。

STEP.1
画面の消灯ボタン(スリープボタン)を長く押します。
STEP.2
電源が入り起動画面(リンゴマーク)が確認できます
STEP.3
画面の消灯・点灯ボタンで画面をオン・オフできます。

電源を切る手順 -iPhone(ホームボタン有り)

従来型の画面下にホームボタンがついた機種の場合、「画面の消灯・点灯ボタン(スリープボタン)」を長押しします。

STEP.1
画面の消灯ボタン(スリープボタン)を長く押します。
STEP.2
スライドで電源オフと表示されます
STEP.3
画面右側にスライドさせて電源が切れます

電源を入れる手順 -iPhone(オールスクリーンモデル)

STEP.1
「画面の消灯・点灯ボタン(スリープボタン)」を長押しします。
STEP.2
電源が入り起動画面(リンゴマーク)が確認できます
STEP.3
画面の消灯・点灯ボタンで画面をオン・オフできます。

電源を切る手順 -iPhone(オールスクリーンモデル)

STEP.1
「画面の消灯・点灯ボタン(スリープボタン)」+「ボリュームアップボタン」を同時に長押しします。
STEP.2
画面上に「電源オフ」というスライドが表示されますので、左端にスライドさせます。
STEP.3
電源がオフになります。

注意点

日ごろ、iPhoneを使っていて画面を消灯する作業はスリープ状態です。

スリープ状態の場合は、ボタンを短押しするだけで、すぐに画面は点灯します。

しかし、電源を落としてしまうと、再度、長押しして電源がつけないと、短押しだけでは画面は点灯しませんのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA