【速報】ワイモバイルからiPhone 12 新発売!

【iPhone12miniの発売日はいつ?スペックは?】価格・カメラ・カラー・サイズなどまとめてみた。

Apple社が2020年に発表すると予想されている「iPhone12」シリーズは4モデル展開になるようです。

iPhone11ではPro/Pro Maxを含めた3モデルでしたが、iPhone12は更に廉価版の「iPhone12mini」が発表されることが予想されています。

本体が2020年4月に発売されたiPhoneSE(第二世代)より小さいサイズになることで話題のiPhone12miniについてネットでのリーク情報をまとめてお伝えします。

iPhone12mini 価格とは

iPhone12miniの価格は128GBで約70,000円からになると予想されています。

iPhone SE(第2世代)の発売日を的中させたJon Prosserをはじめ、有名なリーカー達が128GBは649ドル(日本円で約70,000円)、256GBは749ドル(約80,000円)になるのではないかと予想していました。

第2世代iPhoneSEの128GBが49,800円(税別)ですが、同じデュアルカメラをもつiPhone11の128GBで79,800円(税別)と比較すると少しお手頃価格となっています。近年のiPhoneは性能とともに価格もどんどん上がっていっているので、この価格は安心感がありますね。

iPhone12miniの価格は約70,000円からで、今回のシリーズの中では最も入手しやすい価格になりそうです。

iPhone12mini カメラ性能とは

iPhone12miniは広角レンズ・超広角レンズともに1200万画素です。更にすべてのレンズがナイトモードに対応することと、マクロ撮影モードも搭載されると噂されています。

画素数はiPhone11と同じですが、iPhone11のナイトモードは広角レンズに限定されていました。

iPhone12は超広角レンズの絞り値が変わったことによって、これまでより35%明るくなり、内向きカメラもナイトモードに対応するので暗いところでの撮影も更に撮りやすくなるようです。

開発中の「iOS 14」の情報から、iPhone12シリーズの上位モデルとされているiPhone12 Pro/Pro Maxは6400万画素になるという噂もありますが、1200万画素では低すぎるということはありません。

iPhone11で撮影した写真を見ると、十分に鮮明できれいですし、更にナイトモードがすべてのレンズに搭載されることで、天体写真にも対応できることが期待されています。

iPhone11までの機能も含めると、iPhone12miniは

・1200万画素で、デュアルカメラを搭載
・35%明るくなった超広角レンズ
・光学ズームアウト、デジタルズーム
・光学式手ブレ補正
・ポートレートライティング
・天体撮影に対応したナイトモード
・イメージセンサー
・機械学習によりさらに進化したHDR
が搭載されると考えられます。

iPhone12mini の発売予定日は??

iPhone12miniの発売日は早くても2020年10月以降になります。

アップルが2020年第3四半期の決算を発表した際に行われた電話会見にて、同社CFO(最高財務責任者)のルカ・マエストリ氏が2020年発表予定のiPhoneは例年より発売が遅れることを公式に認めました。

マエストリ氏は「昨年は9月下旬に新型iPhoneの販売を開始しました。今年は数週間後に供給が利用可能になる」と発言したそうです。

今年は新型コロナウィルスの世界的な蔓延による、開発の遅延とサプライチェーンの混乱や需要の落ち込みを受けての発売延期の情報が多くありました。

アップルは新型iPhoneの全モデルの発売が遅れるのか、特定のモデルだけが遅れるのかはコメントしていません。

しかし過去には、2017年の9月にiPhone8、その2か月後の11月にiPhone Xが発売されたり、2018年の9月にiPhone XS/XS Max、その1か月後の10月からiPhone XRが発売となったように、新型iPhoneの一部モデルが先に発売され、他のモデルが後から発売開始になることがありました。

有名アナリストのMing-Chi Kuo氏は5.4インチと6.1インチモデルが9月に量産に入る一方で、Proモデルの6.7インチは10月まで量産が始まらないと予測していました。

つまり、5.4インチのiPhone12miniの発売は早くて10月初旬ということになります。

iPhone12mini の色・カラー展開は??

iPhone12miniのカラーバリエーションは6色で、iPhone11と同じホワイト・ブラック・レッド・パープルに、新たにライトブルー・ライトオレンジが追加されるという情報が出ています。

IPhone11の人気色がパステルカラー系だったことから、新色のライトブルー・ライトオレンジの追加が決定したようです。更に、リーク画像によるとパープルもiPhone11よりも濃く、上品でシックなパープルになっています。

筆者もiPhoneXRのコーラルを使用していましたが、明るいカラーはこれまでと違うiPhoneを楽しめるように感じました。

iPhone12miniはコンパクトサイズで女性人気も高まることが予想されるので、パステルカラーが増えることは可愛い色味が好きな女性にも嬉しいですよね。

また、これまでに青系の色味ではiPhoneXRのブルーがありましたが、今回はライトブルーということで濃い青というよりは水色のようなこれまでにないカラーが追加されるようなので、人気色になりそうです。

iPhone12miniのカラーバリエーション6色で、その中で新色はライトブルーとライトオレンジです。

iPhone12mini サイズ/重さとは??

ネットに出ているリーク情報をまとめたところ、iPhone12 miniのサイズ予想は、高さ約131~134.0mm、幅約64~66.4mmで、新開発の5.4インチです。

初代iPhoneSE(123.8×58.6×7.6mm)と、現iPhoneSE(138.4×67.3×7.3mm)やiPhone11pro(144×71.4×8.1mm)の中間のサイズになります。

なので、重さも初代iPhoneSEの113gと二代目iPhoneSEの148gの中間で130g前後になるのではないかと予想されます。

初代iPhoneSEより高さ約8mm、幅が6mm大きくなるとは言え、4インチのサイズを愛用してきたユーザーには現iPhoneSEよりもiPhone12miniの方が持ちやすくなりそうです。

側面の形状を従来機の曲面から平面にフラット化することでサイズをさらに縮小させて、角ばった感じのデザインになるようです。2020年モデルの中では最も小型・軽量のものになりそうです。

いかがでしたか?

新しいカラーや進化したカメラ性能が搭載され、更に小型軽量化が予想されているiPhone12miniは価格も約70,000円からとお手頃です。

新型コロナウィルスの影響もあり、例年より数週間遅れになると発表がありましたが、10月以降の発売を楽しみに待ちましょう!