noteプレミアムプランの値段は、加入月・解約月は日割りになる?実際に入って感じたメリット・デメリット。

noteにはプレミアムプランが用意されています。

プレミアムプランに入ると、部数限定販売ができるようになる、有料記事は5万円まで引き上げられる、定期マガジンが発行できるなどの機能が使えるようになります。

noteは月額500円ですが、いつ加入するのがお得なのか、もし解約する場合はいつがいいのかなど、noteプレミアムプランの値段についてまとめていきたいと思います。

noteプレミアムに日割りはある??

noteのプレミアムプランには、日割り計算はありません。

月初に加入しても、月末に加入しても、一律500円の月額が発生します。

末日に加入して、たった1日しか使わなくても満額の月額が発生します。

つまり、すこしでもお得に加入したい場合は、月の初めにnoteプレミアムプランに申し込みをするのが一番オトクです。

私は、1月24日にnoteプレミアムプランに加入して、加入づきは1週間のみの仕様でしたが、2月の請求は500円で上がってきていました。

noteプレミアムプランの解約に日割り計算はある?

Noteプレミアムプランには、解約時の日割り計算もありません。

解約を申し込んだ月一杯は、プレミアムプランのままです。

ただし、解約を申請した月の月末までは、noteプレミアムプラン会員として、プレミアムのサービスを利用することができます。

noteプレミアムプランの月額は返金申請可能?

noteプレミアムプランの月額500円は、返金対象外です。

noteの公式ページにも以下のように書かれています。


※引用:https://note.com/premium

noteプレミアムプランの支払い方法

noteプレミアムプランの支払いは、クレジットカード払い・キャリア合算支払い(ドコモ・au・ソフトバンク)です。

noteプレミアムプランのメリット

noteプレミアムプランの一番の魅力は、有料記事の上限を50,000円まで引き上げられることです。

また、部数限定販売も利用できるようになります。

部数限定にすると限定によるプレミア感がつきます。また、有料記事も通常プランの上限は10,000円なのですが、50,000円まで設定できるようになります。


※引用:https://note.com/premium

noteプレミアムに加入し感じたメリット・デメリット

実際に、noteプレミアムプランに加入してみました。

部数限定でとある記事を販売してみましたが、なんだか部数限定もわざとらしい感じになってしまいました。

デメリットだと感じたのが、10部限定にしても現在何部売れたかまで表示されてしまう点です。

10部限定にすると、部数の欄には10/10と表示がスタートします。

つまり、販売の進捗がわかってしまうのです。

また、例えば980円のマガジンを10部限定にすると、9800円にしかなりません。

すべて売れても9800円・・・!といった思考になってしまうので、無制限で販売できる普通のプランのほうが気楽でいいです。

価格の上限10,000円→50,000円に

noteプレミアムプランに加入すると、販売の上限が10,000円から50,000円になります。

ただ、そこまで高価な記事もありません。

また、週間マガジンも書かないし、集団で執筆管理も使いません。Amazonのウィジェットはブログで普通に使えてるので、特に不要。

つまり、入ってみたものの必要無いプランだと認識してしまい、早い段階で解約することにしました。

興味本位で飛びついてみましたが、基本不要でした。

まとめ

noteプレミアムプランは安いのでとりあえずで飛びつきがち。

ただ、本当に必要かよく考えてから加入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です