最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【レシートなし】ユニクロで返品できるのか? やってみた結果!

【レシートなし】ユニクロで返品できるのか? やってみた結果!

こんにちは、たまにユニクロで買い物をする管理人です。

ユニクロといえば、もはや知らない人はいない定番ブランドです。どこにってもお店があり、気軽に利用できます。

また、価格が安くて長持ちしますし、デザインも豊富なので、コスパの良さや手軽に購入できることから支持率はとても高いものがあります。

今回は、ユニクロで複数個を購入した商品を、結局利用しなさそうなのでひとつ返品したいと思ったのですが、なんと“レシートを捨てて”しまっていたのでした。

もし、返品が無理なら普通に着ても良いのですが、やはり衣類が多すぎるのは保管するのに、ちょっと邪魔です。

ローテーション的になくても回りそうなので、結局タンスの肥やしになってしまいます。

ユニクロの返品規定で“レシートなし“を検索してみた。

今回、私の場合はタグは切っていませんし、もちろん未利用です。ただ、レシートがないだけです。

そこで、返品について調べるためにユニクロのホームページにアクセスしてみました。

アクセスしたユニクロの返品規定のページは、店舗に“レシートと商品をお持ちください”という文言が規定されています。

つまり、レシートを捨ててしまった私は返品は難しいのではないかと感じました。

確かに、レシートがなければいくらで買ったかも、どこで買ったのかも一切わかりません。ほぼ無理かなと諦めたところに一筋の光が差し込みました。

ユニクロのアプリを通していたので、ギリギリ購入履歴は確認できる。

ユニクロには、会員証がわりになるアプリが存在します。アプリストアでユニクロと検索すると、ダウンロードすることができます。

店頭での商品購入時にアプリの有無を聞かれますので、アプリを起動してバーコードを提示すれば、購入履歴がアプリ内に残り、過去にどこの店舗でなにを買ったのかを確認ができるのです。

今回は、アプリにしっかりと購入履歴・購入店舗が残っていましたので、イチかバチかで購入店舗に直接出向くことにしたのでした。

結局、間違えて買ったこちらが悪いので、できてもできなくてもいいかなという感じではありました。

店員さんにレシート代わりにアプリ購入履歴と商品を見せてみた。

「こちらで購入した商品を返品したいのですが、レシートを捨ててしまったので、こちらのアプリでレシートの代用にはなりませんでしょうか?」

と、店員さんに伝えたところ、少々お待ち下さいということで、バックヤードに走っていきました。

そして待つこと数分。

「通常はレシートが必須なのですが、今回はアプリによって当店で購入したことが確認できますので、特別に返品を承らせていただきます」

という事で、特別に返品を受理してもらいました。

ただ、すぐには販売金額が確認できないようで口頭でクーポン仕様の有無、割引価格だったかの確認などがありました。定価での購入だったので、その旨を伝えるとそのままタグ通りに返金してもらうことができました。口頭確認のみでしたが、購入商品も購入日もはっきりしていますので、しっかり販売履歴を調査すれば、しっかりわかるのではないかなと思います。

【レシートなし返品】最後に個人情報を書く必要があり。

uniqlo-henpin-koukan

ユニクロアプリで無事に返品を受け付けてもらったのですが、一番最後にレシートがない代わりに返品帳票の記載が必須になるとのことでした。

特にやましいこともなく、個人情報くらい別に構わなかったので、ユニクロの返品帳票に、名前・住所・電話番号を記載しました。

おそらく、後からなにかあった時の記録として残しておくという意味なのだと思います。

ユーザーに寛容なユニクロの返品規定

今回、ユニクロでレシートなしの返品を受理してもらったわけですが、ネットでユニクロの返品規定の寛容さには驚かされました。

主に以下の点です。

ユニクロの返品規定

・返品可能期間は3ヶ月。
・タグを外しても返品可能。
・箱・パッケージから出しても返品可能。
・裾上げや直しが入っていても返品可能。

すごいです、ちなみに着用して汚れがある商品、大量注文、オーダーメイドなどは例外になるようです。また、いくら返品規定が寛容でも、やりすぎると受け付けてもらいないようなので注意が必要です。

まとめ

レシートがなくても、会員アプリの購入履歴で返品はできました。(ただし、個人情報は必要)