最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【一発で判明!】防水のiPhoneかどうか見分ける方法

自分のiPhoneが防水か知っていますか?

さて、自分が使っているiPhoneが防水かどうかはご存知でしょうか?

iPhoneは見た目や本体サイズがほとんど変わらない為、すぐに見分けるのは難しいと言われています。

iPhone7以降は防水になっているため、数字だけ聞くと理解できますが、見分ける方法はあるのでしょうか?

iPhoneのホームボタンが疑似ボタンか本物ボタンか

簡単に見分ける方法は、ホームボタンの違いで判別できます。

ホームボタンを押した際に、ぐっと押し込めるホームボタン(通常のボタン)の場合は、防水対応ではありません。

バージョンでいうと、iPhone6s、iPhoneSEなどは防水ではありません。ホームボタンを押してもらうと、ぐっと押し込める通常ボタンになっています。
iPhone7以降の防水対応機種のホームボタンは、疑似ボタンになっています。

押したときに、バイブレーションがブルっと振動して、押した感覚をサポートしていますが、実際には平面の板です。

疑似ボタンか、通常のボタンかの判別は、電源を切ると押したときのバイブレーション
がなくなりますので判断しやすくなります。

iPhoneXのようなホームボタンがない機種は自動的に防水対応

ホームボタンの構造で防水かどうかを見分けることができますが、ではホームボタンのない機種はどう判別すればいいのでしょうか。

応えはカンタンで、ホームボタンのない機種は「防水対応」です。

ホームボタンがない機種は最先端の機種の為、フルスペックという事で、様々な新機能が付与されているため、当然防水もついています。

なぜ、ホームボタンで見分けられるのか?

なぜ、ホームボタンで見分けられるかは、防水の仕組みを考えれば簡単です。

通常ボタンの場合は、ボタンと本体の間に隙間がうまれます。水の侵入経路を与えてしまうのです。

しかし、疑似ボタンの場合は、ボタンパーツが必要なく、ボディと一部をボタンとして利用しています。つまり、ボディとボタンが一体化している為、水の入る隙間がなくなります。

どのくらいまでの浸水ならOK?

なお、Appleの公式情報によると、防水対応というのは常温の真水というのが定義になっています。

iPhone は防沫・耐水・防塵仕様となっています。IEC 規格 60529 の IP67 等級に従って制御された実験室条件の下で試験を実施済みです。防沫・耐水・防塵性能は永久的に持続するものではありません。通常の使用状態でも耐性が損なわれる場合があります。水濡れによる損傷は、保証の対象外となります。

水濡れによる損傷を防ぐため、以下の行為はお控えください。

  • iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
  • iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
  • iPhone をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone を意図的に水没させる
  • 推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
  • iPhone を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone を分解する (ネジを外すなど)

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT207043

お湯、海水、ジュース、コーヒーなどはNGという事でしょう。お風呂で操作したり、海にiPhoneを持っていったりするのは、推奨されていません。

つまり、水の中でもどんどん使ってください!という防水ではなく、あくまでアクシデント用の防水対応であるということを認識する必要がありそうです。

あくまで常温の止まっている真水なんだね!

 

iPhoneもってお風呂に入ってたわ!

 

湿度が高いところや流水にも注意が必要ですね。

[ なんでいきなり? ] iPhoneの電池が一気に減る謎、ついに解明。