【新旧比較】 新型Apple Pencil(第2世代)のポイント解説!サイズや価格、互換性など。




iPad

2018年11月7日に通算で2代目となるApple Pencil(第二世代)が発売されました。

以前のApple Pencilと比較して、どこが変わったのかを分かりやすくまとめていきたいと思います。




Apppl Pencil (第二世代) の良くなった点

1.本体が円形でなくなったので置く時に安定する

初代Apple Pencilの本体は綺麗な丸だ。Apple Pencil(第一世代)の本体は綺麗な丸で転がりやすい。

初代は、筐体が真丸なのでテーブルなどに直置きすると、いつの間にか勝手にコロコロ転がり始めます。そして、落下するか、何かにぶつかるまで止まることができません。

Apple Pencil(第1世代)を利用していて最も苦労したのが、置き場所でした。

転がり予防にアクセサリで、胸差しなどができるような、後付けのグリップなども購入してみましたが、見栄えが悪いので、ちょっとつけるのも遠慮がちになってしまいました。

新型Apple Pencil(第二世代)は本体の形状が見直されたことにより、テーブルの上においても安定します。

会議中やテーブルに気楽におけるようになるのは、嬉しい限りです。やはり、安定感はとても大切です!

2.充電/ペアリングが簡単になった。

apple pencil(アップルペンシル)の充電風景
Apple Pencil(第一世代)の充電は物理的に長くなる

画像をご覧ください、こちらApple Pencil(第一世代)の充電風景です。

充電中は、とにかく長くなってスペースも使います。

もし、充電中に間違ってApple Pencilに引っかかってしまうと、端子などが破損しそうで毎回ヒヤヒヤしながら充電していました。

ペアリング作業も同じで、アップルペンシルの端子側を本体にグッと差し込む必要がありました。そして、進化した新型Apple Pencilの充電風景がこちら。

新Apple pencil第二世代の充電風景
新Apple Pencilの充電はiPad側面にくっつけるだけ

新型Apple Pencilは、本体にカチッとくっつけるだけで、上の動画のように充電もペアリングもできるので、はるかにカンタンになっています。

充電時に毎回、長くて邪魔だなと思う気持ちから解放されるのは大きいですし、なによりスマートですね。

3.ダブルタップでツール切替できる。

新アップルペンシルの本体をダブルタップでツール切替できる。新アップルペンシルの本体をトントンするとペンの種類が切替る

すこし前ですがApplePencilに消しゴム機能が追加されるという記事をつくりました。

Appleが考えていた「消しゴム機能」の答えは”Apple Pencilの本体をダブルタップ”するという事だったようです。

ちなみに、消しゴム機能だけでなくApple Pencilを「トントン」をする事で「ペン→消しゴム、消しゴム→ペン」と言ったような「ツール切り替え」ができます。

ペンのダブルタップのみでツール切り替えができる事で、より集中して筆記ができるようになりました。確実な進歩だと思います。

4.本体が短くなって持ち運び・収納がしやすくなった。

Apple Pencil(第一世代)は、175.7mmと普通のペンよりも長くなっています。

他のペンと一緒にペン立てに挿しても、一本だけ目立つ長さでした。

仕事などで出かける際にも、Apple Pencilだけペンケースに収納できず、結局バッグの中に直入れして出かける事も多くありました。

バッグ直入れの時は、紛失してないかの心配で結構びくびくしてました。

今回は9.7mmほど、ペンシルの長さが短くなっていますので、新型のApple Pencilならペンケースに入りそうです。

5.キャップ紛失の心配がなくなった。

キャップ紛失の心配がなくなったキャップを紛失する人が続出していた。

初代Apple Pencilには、画像の矢印の部分に端子を隠すマグネットキャップがついています。ただ、マグネットキャップに対しては批判的な意見も多くありました。

以上のように、かなり小さいパーツであるため「キャップがどこかにいってしまった」「紛失した!」という声がたくさんありますし、個人的にも、キャップ紛失未遂は何度もありました。

新型のApple Pencil(第二世代)では、先端の充電端子が廃止されましたので、マグネットキャップ自体が不要となり、最初からキャップはついていませんので、パーツ紛失の心配なく利用することができそうです。

次に、悪くなった点、新旧iPadとの互換性などについて見ていきます。