Apple Pencil(アップルペンシル)徹底レビュー! 使えるの? 必要?価格は高い?

Apple Pencil(アップルペンシル)について書きたいと思います。

Apple Pencil(アップルペンシル)は、いわずもがな、アップルのiPad Proで使うためのペンシルです。価格も1万円越えと、相場と比較すると、かなり高価です。

今回は、iPad Proで使うために購入してみましたので、使用感などをレビューしていきます。

Apple Pencil(アップルペンシル)の価格、なぜ高いのか?

Apple Pencil(アップルペンシル)で適当に書いてみました。

Apple Pencil(アップルペンシル)で適当に書いてみました。

Apple Pencil(アップルペンシル)は、普通のタッチペンではありません。

Bluetooth接続して、筆圧や傾きなどを検出して、適切な筆記結果を生み出します。

「傾き」「筆圧」を検知するのは凄いですよね。

筆圧と傾きを検知し、さらにペンシル自体のバッテリー残量まで本体で表示してくれます
通常のタッチペンは、Bluetooth同期は必要なく「指操作の延長」という位置づけのものが多い中で、筆圧の強弱や傾きなど、細かなサジ加減まで表現できるのがApple Pencilです。

傾きや筆圧を検知する為の、様々な技術やセンサーが搭載されている事で、より正確で快適な筆記が可能となります。

他のタッチペンとは一線を画した、快適な筆記ができるペンシルがApple Pencil(アップルペンシル)ですので、通常のタッチペンと同じ枠組みでは考えないほうがいいかもしれません、ある程度高いのも納得できるでしょう。

また、市販のタッチペンによくありますが、書こうとしても反応しないという事もありません。

実際に使用すると分かりますが、他のスタイライスペンと比較すると明らかに品質が高いことがわかると思います。

Apple Pencil(アップルペンシル)を使える対応機種は?

Apple Pencil(アップルペンシル)を使えるのは、

2018年現在では、iPad Pro、2018年版iPadのみです。

また、iPad Air、iPad Air2、2017年版iPad、iPad mini等は、アップルペンシルは使えません。もし、検討している場合、まずはご自分の機種が対応機種であるか確認してみましょう。

間違って買うユーザーが多いせいなのか分かりませんが、商品名にも「iPad Proのためのアップルペンシル」との表記も見かけるようになりました。

アップル製品すべてで使用できれば理想的なのですが、アップデートだけでなく、対応するための部品などの兼ね合いもあると思いますので、旧機種でApple Pencilが使えるようになる可能性は低いと思います。

また、6.5インチのディスプレイサイズを誇るiPhoneXsMaxでも、Apple Pencilは使う事ができませんので、注意が必要です。

Apple Pencil(アップルペンシル)は、使いやすいか?

知り合いなどにも良く聞かれる質問ですが、「そのApple Pencil(アップルペンシル)って、使いやすいの?」と言われます。

とっても使いやすいです。

先が細く、ペン先にも強度があり固いので、思い通りの字やラインを書くことができます。

ほどよく研いである鉛筆に近い印象です。

スタイライスペンの多くは、ディスプレイにあたる時に弾力があり、思い通りのラインが書けないペンが多い中、Apple Pencilは、ワンランク上の筆記体験をすることができます。

絵画や漫画などをApple Pencilで描きましたという人も多くいますが、これなら確かにいい絵が描けそうです。

また、画面に手を置いても誤動作しません。従って、支える手がディスプレイに触れていてもペン先だけに集中して筆記することができます。

コメント