最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

Apple Pencil(アップルペンシル)徹底レビュー! 使えるの? 必要?価格は高い?

applepencil-review

Apple Pencil(アップルペンシル)について書きたいと思います。

Apple Pencil(アップルペンシル)は、アップルのiPad Proで使うためのペンシルです。価格も1万円越えと、相場と比較すると、かなり高価です。

今回は、iPad Proで使うために購入してみましたので、使用感などをレビューしていきます。

Apple Pencil(アップルペンシル)の価格、なぜ高いのか?

Apple Pencil(アップルペンシル)で適当に書いてみました。

Apple Pencil(アップルペンシル)で適当に書いてみました。

普通のタッチペンとアップルペンシルの違いは、「Bluetooth接続」にあります。

Apple Pencil(アップルペンシル)は、iPadとBluetoothで連携することで、筆圧や傾きなどを計測し、筆記結果に反映させています。

市販のタッチペンは、ただ「書ければいい」というものも多いですが、Apple Pencilに関しては、書けるのは当然として、さらにラインの微調整ができたり、細かく繊細な筆記ができるというワンランク上のクオリティを発揮します。

また、Applepencilは充電式になっていますが、電池残量もiPadに表示することができるので快適な管理が可能です。

iPad本体のBluetoothがOFFになっていると使えないので注意が必要です。

初代Apple Pencil(アップルペンシル)を使える対応機種は?

初代のApple Pencil(アップルペンシル)を使えるのは、

2018年現在では、iPad Pro10.5インチモデル、2018年版のiPadのみです。

iPad Air、iPad Air2、2017年版iPad、iPad miniなどでは、アップルペンシルは使えません。

間違って買うユーザーが多いせいなのか分かりませんが、商品名にも「iPad Proのためのアップルペンシル」との表記も見かけるようになりました。

アップル製品すべてで使用できれば理想的なのですが、アップデートだけでなく、対応するための部品などの兼ね合いもあると思いますので、旧機種でApple Pencilが使えるようになる可能性は低いと思います。

また、6.5インチのディスプレイサイズを誇るiPhoneXsMaxでも、Apple Pencilは使う事ができませんので、注意が必要です。

新型Apple Pencil(第2世代)は、2018年度秋発売のiPad Pro(11インチ)・iPad Pro12.9(第3世代)のみで使用可能です。

Apple Pencil(アップルペンシル)は、使いやすいか?

知り合いなどにも良く聞かれる質問ですが、「そのApple Pencil(アップルペンシル)って、使いやすいの?」と言われますが、高いだけあって使いやすいです。

ほどよく研いである鉛筆のように、先が細く、ペン先にも強度があり固いので、思い通りラインを書くことができます。

普通のタッチペンは、うまく反応してくれず、書きづらいペンが多い中、Apple Pencilは、ちょうどいい硬さの鉛筆で紙に筆記するイメージで書くことができます。

絵画や漫画などをApple Pencilで描きましたという人も多くいますが、これなら確かにいい絵が描けそうです。

また、筆記時にはiPad上に支え手を置いても誤動作しませんので、ペン先だけに集中して筆記することができます。

Apple Pencil(アップルペンシル)のペアリング方法は?

キャップを外すとライトニング端子が

キャップを外すとライトニング端子が

Apple Pencilのキャップを外すと、ライトニング端子が出てきます。あとは、iPad Proの本体にペンシル側の端子を差し込めば、Bluetoothマークが点滅して同期完了です。

初回同期だと、差し込んだ後にiPadの画面上で「ペアリングしますか?」と尋ねられますので、「はい」を押しましょう。

なお、Apple Pencil(アップルペンシル)は無線接続をしますので、iPad本体のBluetoothはONが必須です。待ち受け画面の設定アイコンをタップすると、Bluetoothという項目がありますので、そこからON/OFFの切り替えができます。

Apple Pencil(アップルペンシル)の充電方法は?

Apple Pencil(アップルペンシル)の充電風景

Apple Pencil(アップルペンシル)の充電風景

写真の通り、ペン先の反対側を本体に差し込むだけです!

Apple Pencil(アップルペンシル)のキャップを外すと、ライトニング端子が出てきますので、充電の時に本体にさすのと同じ形で、iPad Proの本体に差し込めば、同期し、そのまま挿してこんでおく事で充電してくれます。

充電速度は極めて早く、アップルペンシルの充電が、カラカラの状態でも5分くらいさせば、しばらくは利用可能です。すぐに100%になりますので、ストレスに感じることはありません。

充電時は、物理的にちょっと長くなります。ひっかかってしまったりすると破損の恐れがありますので、安心して置いておける場所での充電をおすすめします。

Apple Pencil(アップルペンシル)のバッテリーもちは?

Apple Pencil(アップルペンシル)のバッテリー残量の確認ができる

Apple Pencil(アップルペンシル)のバッテリー残量の確認ができる

写真の通り、同期しているiPad本体でバッテリー残量が確認できます!

電池もちも良く、充電も速いです!

Apple Pencil(アップルペンシル)のバッテリー残量は、同期しているiPadの画面で確認ができます。上部スクリーンを表示させると、本体バッテリーの下にApple Pencil(アップルペンシル)のバッテリー残量が表示されます。

もし、バッテリーがない場合は、キャップをはずして本体に差し込むことで、すぐに充電が可能です。充電速度は極めて早く、バッテリーの減り方も緩やかですので、バッテリーで困ることはないと思います。

Apple Pencil(アップルペンシル)で使うべきアプリは?

App storeの中に「Apple Pencil(アップルペンシル)対応で機能強化」というコーナーがありますので、そのアプリであればおススメです。

一番おすすめなのはノート系のアプリです。

「Good Notes(有料)」・・・学生さんなら教科ごとに、社会人の方なら案件ごとに、デジタルノートを作成してアップルペンシルで自由に書き込んでいく事ができます。

「Notability(有料)」・・・Appleの純正メモアプリの強化版のようなノートアプリです。ペンの色や線が豊富でiCloud同期もできる優れものです。ただ、12.9インチのiPadでは横幅をフルで使えない弱点も。

Apple Pencil(アップルペンシル)は仕事で有効か?

iPad Proのノートアプリはかなり実用的で役立っています。メモ紙の使用量や、ノートの購入量があきらかに減りました。

GoodNotesというアプリを使えば、案件ごとにノートを制作してまとめておくことができます。

また、やるべき事(マインドマップ)を、すらすらと画面に書くことで思考の整理にもなります。また、たあいもない落書きにも使えます。

お盆に、いとこの子供が遊びに来たときには、純正メモアプリを起動してあげると喜んで落書きにしていました。

また、書いたメモや絵は、メールやAirDropなどで、すぐにデジタルデータとしてアウトソースできます。いとこの子供の落書きを、家族みんなで共有したり、デザイン案を同僚と共有したり、ノートがいらなくなる程の実用性を発揮しています。

取引先とのデザイン会議の時も、デザイン案の画面に直接文字を書き込んで、デザインの修正などを行う事ができますので、かなり便利です。知り合いのイラストレーターは、もうこれなしに作画は考えられないとの発言しています。

Apple Pencil(アップルペンシル)が反応しない?使えない?

まずは、Apple Pencil(アップルペンシル)対応機種であるかチェックしましょう。

対応機種なのに使えない場合は、iPadのBluetoothがオンになってペアリングできているか、それでも反応しない場合は、Apple Pencil(アップルペンシル)のバッテリーがあるかも忘れずにチェックしてみてください。

ペアリングは、アップルペンシル裏側の端子をiPadに差し込むだけなので、難しい作業が必要ない分、原因もわかりやすいと思います。

Apple Pencil(アップルペンシル)のペン先をなくした場合?

Apple Pencil(アップルペンシル)の先は取り外し式になっている。

Apple Pencil(アップルペンシル)の先は取り外し式になっている。

アップルペンシルは「ペン先」がはずれます。

Apple Pencil(アップルペンシル)の先っぽは、ネジ式になっています。私も仕事の打ち合わせから帰ってきたときに、ペン先がなくなっていて、焦ったことがありました。

しかし、Apple Pencil(アップルペンシル)の箱の中には、ひとつだけペン先のストックが入っています。

もし、なくしてしまっても化粧箱を見ると、一個だけはストックがありますので、安心してください。もし、ストックの方もなくしてしまった場合は、ペン先だけの購入もできます。

なお、アップルペンシルのペン先には純正品ではないものも存在します。

形状こそ似ていて、一応使用することができますが、まっすぐ筆記できなかったり、直線をかいてもギザギザになってしまったりと、純正品と同じ品質で使用することはできません。

かなり繊細な構造になっているアップルペンシルですので、品質を維持するためにも必ずappleの純正品を選ぶようにしましょう。

Apple Pencil(アップルペンシル)のまとめ

Apple Pencil徹底レビュー

Apple Pencil徹底レビュー

アップルペンシルは、通常のタッチペンと比較するとかなり高価ですが、そのぶん機能はしっかりしています。

適当にタッチペンを購入して、ペン先が劣化して何度も買い替える作業を繰り返すくらいなら、高価にはなりますが、最初からApplePencilを選択して、長く使い続けたほうが、長期的なコスパは優れていると感じます。

書き心地などに関しても、通常のタッチペンとは全く違っていますので、試してみる価値はあると思います。

興味がある方は、家電量販店やAppleショップなどでiPadコーナーに、デモ用のApplepencilが置いてある場合があります。手に取って書き心地を体感してみましょう。

【新旧比較】 新型Apple Pencil(第2世代)のポイント解説!サイズや価格、互換性など。