青春時代の思い出のスマートフォン P-01D




Android

青春時代の思い出のスマートフォンという事で、ブログに記事が寄せられましたので、紹介させて頂きたいと思います。




青春スマートフォン「P-01D」について熱く語ります。


引用:https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product/p01d/index.html

今回は、androidのスマートフォンP-01Dについてご紹介させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

P-01Dは、2011年に発売されたスマートフォンで、2018年現在で7年も前に発売されたスマホです。

7年前といえばまだLINEなどの現在ではスマートフォンを持っている人のほとんどが日常的に利用しているアプリがリリースされたばかりであったり、まだスマートフォンが日本中に浸透していない時期で、私自身も2011年にはインターネットに接続できる機器はパソコンやゲーム機などしか持っていませんでした。

では、なぜ発売当時に買った訳ではないのに私がそのようなスマートフォンを持っているのでしょうか。

その理由は、P-01Dの値段が他のスマートフォンに比べて大変安かったということです。

私が、スマートフォンを欲しいと思ったのは、2012年の秋ごろの事です。

その頃は格安simを使い始めていて、そのsimを使うためにスマートフォンを買わなければなりませんでした。

しかし、スマートフォンは何万円もするのが普通で、お金がない自分にはなかなか手が出せませんでした。

インターネットの通販サイトなどでしばらく探してみると、とても安いスマートフォンを見つけました。
それが、P-01Dでした。

P-01Dの値段は、スマートフォンとしては驚異の安さである7500円でした。

私が当時持っていたゲーム機も15000円や20000円もしていたというのに、次世代の携帯電話であるスマートフォンが1万円以下で買えるというのは大変驚きでした。

今でもアマゾンでP-01Dと検索してみると、たくさんの商品が出てきますが、3000円以下で売られている者もあり、やはり6年もたつと値段は大きく変わるのだなと思います。

P-01Dは購入した2012年当時では、発売から1年ほどしか経っていない新しい商品であったのにもかかわらず、1万円以下で購入できたのはとても不思議ですが、やはり値段が安いことや、当時のスマートフォンの技術が現在と比べて劣っていたという点で、現在のスマートフォンよりも使い勝手は良くはありません。

私は格安sim用にこのP-01Dを買ったので、動画を見たりゲームをするということは一切せず、掲示板などのテキスト中心のホームページを閲覧すること専用で使っていました。

テキストサイトを閲覧するうえでは全く問題はなく、快適に利用することができました。

今ではiPhoneの方が私の中ではメインの機器となり、P-01Dを使う機会は少なくなりましたが、当時お金があまりなかった私がスマートフォンを手に入れることができたのは、まぎれもなくP-01Dがあったからだと思います。

P-01Dは私の青春時代の思い出のスマートフォンです。

今回の記事では、私の持っているandroidスマートフォン「P-01D」についてご紹介させていただきました。
現在スマートフォンはサムスンやAppleなどの海外製品が目立っていますが、P-01Dのような素晴らしい日本製のスマートフォンがあったことも忘れないでほしいと思います。

ありがとうございました。

思い出のある機種は誰にでもあるよね!

私はドコモのNシリーズのガラケーかな。

使っていた当時の環境も思いだしますよね!