【簡単まとめ】iPhoneXSとiPhoneXRを比較、初心者向けにわかりやすくまとめてみた。




初めてiPhoneを買いたいけれど、どれを買ったらいいかわからないという方向けに、簡単にまとめていきたいと思います。

まずiPhoneは、毎年10月ごろに新しいモデルが発売されています。

2018年度に発売されたのは、3ラインアップ。最も手ごろな価格のiPhoneXR、上位モデルとしてiPhoneXS、そしてiPhoneXSの画面を大きくしたiPhoneXsMAXが発売されました。

それではどういった違いがあるのか初めての方向けに簡単に解説していきます。




手ごろなiPhoneXRは、なぜお安いのか??

まず最初にiPhoneXRは(テンアール)と読みます、iPhoneXR(エックスアール)ではないので注意しましょう。

iPhoneXR(テンアール)の低価格にできた秘密のひとつ目は、ディスプレイ素材にあります。

iPhoneXR(テンアール)が、従来通りの「液晶素材」を搭載しているのに対して、上位モデルのiPhoneXS(テンエス)は、ディスプレイ素材が「有機ELパネル」となっています。

実際、お店で比較してみると有機ELパネルは、コントラスト比が高いので、画面の明るいところ、暗いところの明暗がくっきりしており、特に黒色のキリっとした締まりは一見の価値があります。

現在は、大型テレビなどでも有機ELパネル化が進んでいますが、やはり液晶素材と比較すると、材料のお値段が高いのが難点です。

つまり、iPhoneXRはあえて価格が高くなる有機ELパネルを搭載せずに、コストを抑える為に液晶素材を使用して価格をおさえたモデルという事が言えます。

2018年モデルを除くと、これまでのiPhoneの歴史の中で有機ELパネルが搭載されているのは2017年度に発売されたiPhoneX(テン)のみです。

iPhoneX以外の、すべてのiPhoneのディスプレイ素材は液晶素材だったため、iPhoneXRの液晶の印象に関しては、「今までのiPhoneのディスプレイ」という印象になります。

また、細かな機能を新しく搭載しているため、液晶素材の中では最高級の表示性能を持っています。

ディスプレイ素材に特別なこだわりがない方はiPhoneXR(テンアール)でも十分にiPhoneの良さを体験できると言えるでしょう。

iPhoneXR低価格の秘密には、カメラレンズ数の削減も。

iPhoneXR(テンアール)が低価格にできた理由として、ディスプレイ素材をあげましたが、ほかにも理由があります。

それは、カメラレンズの数です。

高価なラインアップになるiPhoneXS(テンエス)がデュアルレンズ(2つのレンズ)を搭載しているのに対して、iPhoneXR(テンアール)はシングルレンズ(1つのレンズ)なのです。

iPhoneXSで二つ目に搭載されているレンズは望遠レンズといいます。これは、遠くを綺麗に撮影するためのレンズで、ズーム時により遠くまで寄ることができます。

また、望遠レンズのおかげで近くの被写体に対して奥行きをボカして撮影するポートレートモードという機能を使うことができます。

人間と同じで目がふたつあったほうが綺麗に奥行き感を認知できるのはiPhoneでも同様のようです。

ちなみに、iPhoneXR(テンアール)も、レンズこそひとつですが、人物限定でポートレートモードを使用することができます。

これはiPhoneXRは、内部のCPUで処理をして奥行きをだすという作業をすることができます。

また、シングルレンズでも十分にズームはできますし、万能レンズですので、綺麗な写真が撮影できることは間違いありません。

ただ、写真にこだわりがある人にとっては、デュアルレンズのiPhoneXSのほうが魅力的に見えるかもしれません。