【購入前】iPhoneXRとハイエンド機との性能差を最終チェック。【まとめ】




iPhoneXS / XS Max




iPhoneXRがいよいよ発売されます。

各メディアでも2018年の売れ筋の本命とも目されており、その実力がいよいよ明らかになる日が近づいています。

そこで、今回はiPhoneXRを予約購入する前に、iPhoneXs/XsMaxとの性能差をまとめておきたいと思います。

iPhoneXs/XsMaxとの違いをはっきり理解し、購入後に後悔のない決定をしましょう。

iPhoneXRはIPS液晶搭載、有機ELパネルではありません。

iPhoneには2種類のディスプレイ素材があります。

パネルが自ら光って発色する有機ELパネル(oLED)とバックライトを当てて発色する液晶パネル(LCD)です。

当然、パネル自らが光る有機ELパネルのほうが発光体とより近い為、視野角が広く、鮮やかな発色を体験できます。

コントラスト比(明暗差)ですが、iPhoneXRの液晶パネルが1400:1、iPhoneXs/XsMaxの有機ELパネルは1,000,000:1と大きな開きがあります。

ただ、コントラスト比とは単に明暗差を数値にしたもので、最も暗いところを1とした時に、明るいところがどの程度かという指標です。

「黒」の質にこだわりたい人は、iPhoneXsも一度チェックしてみましょう。

次に、画面の滑らかの指標となる解像度に関しては、iPhoneXR1792×828(326ppi)、iPhoneXs2436×1125(458ppi)となっており、画質の滑らかさの数値もiPhoneXsのほうが優れています。

しかし、iPhoneXRは、「TrueTone」「広色域ディスプレイ(P3)」など、iPhoneXsにも搭載されているAppleの最先端技術が盛り込まれた最新ディスプレイとなっています。

数値だけで見ると、iPhoneXsと比較すると劣っていると錯覚しがちですが、実際の体感値としては数値ほど大きな差は感じられないでしょう。

iPhoneXRは前面カメラは全く同じだが、外側は単眼レンズ。

iPhoneXRを購入する前に、iPhoneXSとの違いとして押さえておきたいポイントがカメラ性能です。

iPhoneXRは単眼レンズとなっており、Xsのようにデュアルレンズではありません。

この差は、遠くの物体を撮影するときに差が生まれます。

iPhoneXRは、二個目のカメラとしての望遠レンズを持たない為、iPhoneXsのように画像劣化なしの光学ズームには対応せず、デジタルズームも5倍までとなっています。

ビデオ撮影に関しても、iPhoneXsの半分の最大3倍ズームまでとなっています。

iPhoneを使って、遠くのものをより綺麗に、より美しく撮影したいと思っている場合は、一旦iPhoneXsとのズーム時の写真品質を比較してみたほうがよさそうです。

なお、iPhoneXRは進化したチップセットの影響で、単眼レンズですが、背景をボカしたり、深度コントロールができるポートレートモードを利用できます。

被写体にばっちりピントあわせつつ、背景をボカせる機能は、プロのような写真を簡単に撮影できます。